「堂々と恋人を紹介したい」みんなの思いが、パレードに乗って渋谷のまちに広がった。(東京レインボープライド2018・画像)

パレードが、渋谷を今年もレインボーにした

日本最大級のLGBTの祭典「東京レインボープライド 2018」。そのメイン・イベントであるパレードが5月6日、東京・渋谷で行われた。

パレードは例年通り渋谷区の代々木公園をスタートし、渋谷や原宿の街を練り歩いた。

事務局の発表によると、参加者の見込み人数は7000人で、昨年より2000人増えたという。

東京レインボープライドは、「LGBT当事者とその支援者がつながる場所となる」ことを理念のひとつに挙げている。

「結婚したい!」「みんなのおかげでカミングアウトできました」。参加者はどんな思いを胸に街を練り歩いたのか、パレードで掲げられたメッセージを写真で紹介する。

■ 飲み会で堂々と恋人を紹介したい

■ クラスのみんなのおかげでカミングアウトができました。

■ 私たち婚約中 日本で結婚したいんです

■ 彼氏と結婚したい

■ ありのまま自分でいられる社会を!

オープンである 他者に寛容である 違いを受け入れる

■ 教科書でLGBTに関する内容が加わりました。次はLGBTについて知識のある教員養成を進めましょう!

■ 愛し合う2人の結婚を認めてください

■ 恋は自由だー!

■ 同性婚 外国籍のパートナーに配偶者ビザを!

■ 求めるのは特権ではなく平等

■ 誰もが自由に結婚する権利

■ 隠れズ

■ 女性を好きでもいいじゃない

■ 結婚したい!

■ 恋愛しない

パレードには、政治家やタレントも参加した。

わんこも、レインボーカラーでサポートを表明。

※一部の写真のキャプションに誤りがありましたので、削除して訂正いたします。