NEWS
2018年05月07日 08時57分 JST | 更新 2018年05月07日 10時23分 JST

山口達也さんは「心のケアとして、専門的な医者が付かなきゃいけない状況」 国分太一さん明かす

「山口は、新たなスタートラインについたと思います」

国分太一さんは、5月2日の記者会見でも、思いを語っていた。
HUFFPOST
国分太一さんは、5月2日の記者会見でも、思いを語っていた。

ジャニーズ事務所がTOKIOメンバーだった山口達也さんとの契約を解除したことを受けて、TOKIOの国分太一さんは5月7日、司会を務めるTBS系の情報番組「ビビット」で、山口さんの現状について、「いまは心のケアとして、専門的な医者が付かなきゃいけない状況になっています」と明かした。

5月2日の記者会見後、そして契約解除が発表された5月6日にも山口さんと話したという国分さんは、山口さんについてこう語った。

「いまは心のケアとして、専門的な医者が付かなきゃいけない状況になっています。彼は、山口はジャニーズ事務所を辞めます、辞めました。ここで新たなスタートラインについたと思います」

「ここからどうやって自分と向き合っていくか。どれぐらいかかるかわからないですけれども、新たなスタートを切りました。そして、社会復帰もしなきゃいけない。社会復帰についたときには、また新しいスタートラインに立つと思います。それを、これから彼は、山口は、続けていかなきゃいけないと思います」

「だからこそ、ジャニーズ事務所もそうですけど、僕個人としても山口を見ていく。そして、彼が普通の社会に戻る姿を、僕は望んでいます」