NEWS
2018年05月17日 12時58分 JST | 更新 2018年05月17日 14時01分 JST

西城秀樹さん死去。63歳だった。「ヤングマン」で一世を風靡

4月25日に入院し、そのまま帰らぬ人となったという。

歌手の西城秀樹さんが5月16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなった。スポニチなどが報じた。63歳だった。

時事通信社
西城秀樹さん(2013年01月30日撮影)

産経ニュースによると西城さんは広島県出身。1972年、「恋する季節」でデビュー。74年の「傷だらけのローラ」がヒットし、「紅白歌合戦」に初出場を果たした。

1979年には「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」で日本歌謡大賞などを受賞。高い歌唱力とともに派手な衣装とパフォーマンスが話題を呼んだ。郷ひろみさん、野口五郎さんとともに「新御三家」として、多くのファンに支持された。

48歳だった2003年に脳梗塞を発症。56歳だった2011年に再発していた。スポニチによると4月25日に入院し、そのまま帰らぬ人となったという。

Amazon/RCA
西城秀樹のEPレコード「YOUNG MAN(Y・M・C・A)/HIDEKI DISCO SPECIAL」

2018年に亡くなった著名人