ライフスタイル
2018年05月25日 16時25分 JST | 更新 2018年06月09日 02時17分 JST

わんこがアヒルの子育て奮闘中。9羽を背中に乗せる姿が可愛すぎる

“専業主夫”として大奮闘しています

イギリス東部エセックスにあるマウントフィーチェット城で、10歳のルブラドールが、親を失ったアヒルのヒナたちを育てている

ラブラドールの名前はフレッド。城のオーナーの1人、ジェレミー・ゴールドスミス氏の飼い犬だ。

ヒナたちは、フレッドの後ろをついて歩き、 堀を一緒に泳いだり、フレッドの背中や頭に登るという。可愛すぎる。

A post shared by Dagens Nyheter (@dagens_nyheter) on

ヒナたちは、城の敷地内を歩いているところをスタッフが見つけた。母親の姿が見当たらなかったため、ゴールドスミス氏が保護し、自宅に連れ帰った。

そこに現れた救世主が、フレッドだったという。ゴールドスミス氏は、BBCにこう語る。

「自力で生きるにはヒナたちは小さすぎたので、自宅に連れて帰りました。するとフレッドが、ヒナたちを自分の腕の下においたのです」

A post shared by Editie NL (@editienl) on

フレッドは優しい性格の犬で、周りに保護された動物がいる環境で育った。以前、ゴールドスミス氏が保護したリスの世話をしたこともあるという。

幼くして母を失うのはつらい体験だが、ヒナたちはフレッドの温かい愛を受けすくすくと成長している。

「これくらい幼いアヒルは、母親が必要ですが、彼らには代わりに専業主夫のフレッドがいます」と、ゴールドスミス氏はインディペンデント紙に語る。

親として奮闘中のフレッドとヒナたち、動画もどうぞ。

A post shared by ABC 10News (@abc10news) on