NEWS
2018年05月26日 18時24分 JST | 更新 2018年05月26日 18時44分 JST

危険タックル事件、被害届と平行し、日大選手の嘆願書も提出へ 負傷選手の父親が会見

「タックルした選手を『被疑者』にして提出しないと、被害届は受理できない」と言われたという。

会見する奥野康俊さん
AbemaTV
会見する奥野康俊さん

日大の選手から危険タックルを受けた関西学院大の選手の父親で、大阪市議の奥野康俊さんが5月26日会見し、日大の選手への被害届を提出したまま、同時に寛大な措置も捜査当局に求める考えを明らかにした。嘆願書を集め、提出するという

奥野さんによると、被害届の提出の際、内田正人・前日大アメフト部監督らを「被疑者」として提出したいと警察に申し出たところ、「タックルした選手を『被疑者』にして提出しないと、被害届は受理できない」と言われたという。

奥野さんは、真実を明らかにするのは、選手のためでもあると説明。「被害届を取り下げることはできない」と話す一方、日大の選手は「すでに、十分な社会的制裁を受けている」として、「今できることは、寛大な処分を求める嘆願書を集めることだと思った。できるだけ多く集めたい」と話した。

今後、厳正な処罰を求めるために、告訴状の提出も予定しているが、内田・前監督や井上奨・前コーチのほかに、「選手の名前を含めないと、告訴状も受理できないと(警察から)言われ、このことも本当に悩ましく思っている」と説明した。

嘆願書については、自身のFacebookで、様式を掲載するという。