NEWS
2018年05月30日 11時49分 JST | 更新 2018年05月30日 11時49分 JST

レオパレス物件、壁が足りてなかった? 法令違反の疑いで3.7万棟を調査へ

防火や防音効果のための壁がないことが分かった

写真はイメージです
RomoloTavani via Getty Images
写真はイメージです

賃貸アパート大手のレオパレス21は5月29日、1996〜2009年に建てられた同社のアパート38棟に建築基準法違反の疑いがある欠陥が見つかったと発表した。

これまで埼玉県や兵庫県などの12都府県で、天井裏に延焼や音漏れを防ぐための界壁がなかったり、界壁の施工が不十分だったりしたことを確認した。不良物件については、2019年10月までの補修工事の完了を目指すという。

どうして発覚したのか

レオパレス21によると、2018年3月29日と4月17日に、2人の物件オーナーから「(行政が発行した)確認通知書の内容と、実際の建物に相違がある」と指摘があり、調査を開始。184棟を調べたところ、168棟に界壁がないなどの確認通知書との違いが見つかった。

レオパレス21側は、これらの物件については、界壁がなくても建築基準法違反にはならないという見解だ。

全3万7853棟を調査へ

レオパレス21側は、今回の指摘を受け、これまでに同社が建てたすべてのアパート3万7853棟について、2019年6月までに問題がないか調査する予定という。

現在までに調査が終わっているのは474棟で、うち建築基準法違反の疑いがあるものは38棟あった。

レオパレスって?

レオパレス21は、1973年に不動産仲介会社としてスタートした。その後1985年から、都市型アパート「レオパレス21」を本格的に展開。

家具付きで短期でも入居できる賃貸物件として人気を集めてきた。

2000年に今の社名に変更し、翌2001年には管理戸数が15万戸に達した。2018年4月現在では、約57万戸を管理している。

今回の問題についてレオパレス21は「入居者様、物件オーナー様、監督官庁並びに特定行政庁の皆さまには多大なるご心配とご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」とコメントした。

Twitter上での声

以前から、「隣の部屋の音が聞こえる」などといった内容が書かれた「レオパレス伝説」がネット上で話題になっていたが、今回の発覚を受けてTwitter上では「本当だったのか」「しっかり取り締まってほしい」などといった声が上がった。

また、実際の住民で天井裏を確認する人もいた。