NEWS
2018年06月06日 23時08分 JST | 更新 2018年06月07日 13時41分 JST

「二度目の人生を異世界で」アニメ化中止。原作者がヘイトスピーチで炎上

主要キャストの声優が相次いで降板を発表していた。

アニメ「二度目の人生を異世界で」の公式サイト

10月にアニメ化が決定していた人気ライトノベル「二度目の人生を異世界で」が、放送中止となった。同アニメの制作委員会が公式サイトで6月6日、発表した

原作の発売元ホビージャパンは6日、これまでに刊行された計18巻を出荷停止にすることを決めたと、朝日新聞デジタルが報じた。

同作をめぐってはアニメ化発表後、原作者の「まいん」氏が過去にTwitter上でヘイトスピーチを繰り返していたことが問題視され「炎上」。6日までに主要キャストの声優4人が相次いで降板を発表し、波紋が広がっていた

制作委員会は「アニメ化発表以来、一連の事案を重く受け止め、本アニメの放送及び製作の中止をお知らせ致します。みなさま、及び本作品の制作に関わった方々には多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事、心よりお詫び申し上げます」と公式サイトで謝罪した。

まいん氏は6月5日にTwitter上で、「私の過去のいくつかのツイートにつきまして、多くの方に非常に不快な思いをさせてしまう、不適切な表現がありましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。Twitterや、原作を連載している小説投稿サイト「小説家になろう」で謝罪文を掲載していた。

「二度目の人生を異世界で」は小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿された小説。94歳で死んだはずの主人公が、異世界で生まれ変わって冒険を繰り広げる物語。ホビージャパンで書籍化され、KADOKAWAからはコミックスが出版されている。

【UPDATE】2018/06/07 1:00 記事を更新しました。