WORLD
2018年06月19日 09時32分 JST | 更新 2018年06月19日 09時32分 JST

ラッパーのXXXTentacion、射殺される 20歳

ヒップホップシーンではカルト的な人気を集めていた。

ラップ歌手のXXXTentacion
TNS via Getty Images
ラップ歌手のXXXTentacion

アメリカ・フロリダ州出身のラップ歌手、XXXTentacion(XXXテンタシオン)が6月18日、南フロリダで射殺された。20歳だった。

フロリダ州ブロワード郡の保安官事務所は警察当局の話として、マイアミから約64km離れたところに位置するディアフィールドビーチで男性が撃たれたとTwitterで報告

男性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。その後、射殺されたのが、XXXTentacion名義で活動するJahseh Onfroyだと発表した。

TMZによると、XXXTentacionは18日午後4時ごろ(現地時間)にオートバイを購入し、帰ろうとした際に撃たれたという。

XXXTentacionは、現場近くのフロリダ州・ラウダーヒルで育ったラッパー。元恋人の女性への暴行疑惑で刑事告訴されており、裁判を控えていた。

Spotifyの公式プレイリストから楽曲が排除されるなどの騒動もあったが、ヒップホップシーンではカルト的な人気を集めていた。2017年8月に発表された1stアルバム「17」はビルボードチャートで2位にランクインし、2018年3月発売の2ndアルバム「?」では1位を記録した。

Sun Sentinel via Getty Images
XXXTentacionが銃撃された時に乗車していたとみられる自動車