NEWS
2018年07月03日 09時37分 JST | 更新 2018年07月05日 13時45分 JST

敗戦直後、日本代表のロッカーに残されたメッセージに世界が感動(ワールドカップ)

「メッセージは桁違いだ」

Twitter/@priscillaboca

サッカーのワールドカップ・ロシア大会決勝トーナメント1回戦で、ベルギーに敗れた日本代表のロッカールームに、世界から称賛の声が集まっている。

試合後、日本代表が使用したロッカールームの写真をTwitterに投稿したのは、FIFAのジェネラルディレクターを務めるプリシラ・ジェンセンズ氏。投稿によると、この写真が撮影されたのはベルギー戦を終えた直後だという。

写真で見る限り、ロッカールームはきれいに掃除され、美しい状態に保たれている。さらに、入り口側の棚の上にはロシア語で「スパシーバ(ありがとう)」のメッセージが書かれた紙も残されていた。

プリシラ氏は「サポーターもスタジアムでゴミ拾いをした。すべてのチームにとって模範となります!」などのコメントとともに投稿。

この投稿に対しては、返信やリツイートなどで、世界各国から「ありがとうのメッセージは桁違いだ」「arigato」「真の勝者がいた」などの声が寄せられていた。

この試合で、日本は世界ランキング3位の強豪相手に善戦したが逆転され2ー3に終わり、惜しくも史上初のベスト8入りには届かなかった。ピッチ上では涙を見せ、うなだれる選手たちの姿も。悔しい結果となった直後とあって、感動を呼んだようだ。

【2018/7/05追記】

5日に行われた記者会見で、長谷部誠選手は、ロッカールームの掃除をしたのはチームのスタッフだと明らかにした上で、「日本代表スタッフの方を誇りに思います」と話した。