NEWS
2018年07月07日 10時39分 JST | 更新 2018年07月07日 22時45分 JST

オウム7人の死刑執行、顔写真に「執行」のシール貼る テレビの演出が物議醸す

麻原彰晃死刑囚ら7人の死刑執行が次々と報じられた

HuffPost Japan

7月6日、オウム真理教元代表・麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚ら7人の死刑が執行された。この日の朝、テレビや新聞などメディア各社は一斉に臨時ニュースを伝えたが、執行状況をリアルタイムで伝える番組の演出などについて、ネット上で疑問の声が上がっている。

朝日新聞デジタルによると、キー局で最初に死刑執行のニュースを報じたのは日本テレビ。情報番組『スッキリ』が放送されていた午前8時41分、速報テロップを流し「松本死刑囚ら死刑執行手続きを始めた」と報じた。つづけてNHKや他のキー局も執行の情報を伝え始め、一斉に臨時ニュース番組に切り替わった。

松本死刑囚の他に6人の死刑囚が執行予定と判明すると、テレビ各局は取材で得た情報をリアルタイムで逐一報道。NHKは、「オウム真理教の早川紀代秀死刑囚 松本智津夫死刑囚に続き死刑執行」など、情報が入るたびに速報テロップを表示した。

こうしたセンセーショナルな報道に対し、Twitter上では違和感を訴える声や、批判的なコメントが書き込まれた。

特に疑問を呈する声が相次いだのが、フジテレビの臨時ニュース番組内での演出だ。死刑囚の顔写真が並んだパネルを使用し、執行の情報が入ると、写真に「執行」と書かれたシールを次々と貼っていった。この動画はYahoo!ニュースでも公開されている。

HuffPost Japan
フジテレビで放送された臨時ニュースの様子

オウム真理教事件で死刑が執行されるのは今回が初めてで、同日に7人同時に行われるという、極めて異例なものだった。社会を震撼させた大事件だけに、多くの人が関心を集めるニュースだ。Yahoo!のリアルタイム検索やTwitterでも、一連のワードが上位を占めた。

一方でこうした演出手法に対しては、「死刑はショーではない」「先進国の報道機関がやることではない」など、報道のあり方を問う声が寄せられた。