BLOG
2018年07月28日 14時34分 JST | 更新 2018年07月28日 14時34分 JST

台風12号、鉄道や飛行機、高速道路で運休や運行止めの恐れ《エリアごとの影響予測》

外出をひかえたり早めに帰宅することをオススメします。

日本列島に接近・上陸が予想されている台風12号。週末は西日本・東日本で各交通機関に影響が出てしまいそうです。東日本では28日(土)夜に、西日本では29日(日)朝に、特に影響が大きくなります。(28日5時現在)

【鉄道】28日(土)夜は東海・近畿で影響大 早めの帰宅を

ウェザーニュース
台風12号による鉄道影響予測

東海道新幹線では、28日(土)夕方から強雨の影響で、神奈川県や静岡県内の一部で速度を落としての運転となる可能性があります。

山陽新幹線では、29日(日)は風の影響により、一部の区間で遅れが出そうです。

在来線では、28日(土)午後から東日本の路線を中心に影響が出始め、夜は東海や近畿エリアの多くの路線で運転見合わせや大幅な遅れが出そうです。

29日(日)になると、影響の中心は西日本へ移り、30日(月)にかけて運転見合わせや大幅遅延となるなど影響が続く恐れがあります。

詳しい路線毎の影響は下記の「〔会員向け〕路線ごとの影響予測」をご確認下さい。

【道路】関東の高速で一部通行止めも

ウェザーニュース
台風12号による高速道路影響予測

28日(土)午後から、首都高では、強風によりレインボーブリッジや中央環状線などで、速度規制がかかる見込みです。

また、アクアラインや圏央道で、一部の区間が通行止めとなってしまう恐れもあります。

28日(夜)は伊勢湾岸道では通行止めの恐れがあり、東名・新東名・新名神などでも強風の影響で倒木被害が心配です。

29日(日)になると、西日本で通行止めになる路線が出てきてしまい、30日(月)午前まで長引く可能性があります。

詳しい高速道路への影響は下記の「〔会員向け〕高速道路の影響予測」をご確認下さい。

【飛行機】羽田・成田の発着便に影響有り

ウェザーニュース
台風12号による飛行機影響予測

週末の空の便では28日(土)午後から影響が出始めます。

羽田・成田空港を始め、愛知のセントレア空港、関西では伊丹や関西国際空港などで遅延、夜には欠航となる便も出始めそうです。

また東海や近畿の地方空港でも夜は影響が拡大する恐れがあります。

中国エリアの空港では、29日(日)を中心に影響があり、午前中は欠航となる便が出ることが予想されます。

台風の進路によっては、遅延や欠航などの影響が長引く可能性もありますので、こまめに情報をチェックするようにして下さい。

詳しい空港への影響は下記の「〔会員向け〕空港の影響予測」をご確認下さい。

〔会員向け〕空港の影響予測

(2018/07/28 07:48)

関連記事