NEWS
2018年08月21日 16時37分 JST | 更新 2018年10月05日 22時00分 JST

「この人知らない人です!」車椅子の女子高生から助けを求められる。漫画家の告白が衝撃的

鈴木みそさんが体験を明かしました。

車椅子の少女のイメージ画像
frankiefotografie via Getty Images
車椅子の少女のイメージ画像

「この人知らない人です!」と叫ぶ車椅子の女性を救ったエピソードがネット上で話題になっている。

衝撃的な体験を8月20日に、Twitterに投稿したのは「僕と日本が震えた日」などの作品で知られる漫画家の鈴木みそさん。10年以上前に東京・新宿の繁華街で、目の前で車椅子に乗った女子高生が男に連れ去られそうになる現場を目撃したという。

女子高生から「この人全然知らない人です!今勝手に車椅子を押してるだけで」と助けを求められたため、車椅子を押している男に「今あんたの顔を撮りました! 警察に行きますよ!」と声をかけたところ、男は立ち去ったという。

鈴木さんは、ハフポスト日本版の取材に対して当時の状況を以下のように振り返った。

「いや、新宿怖っ!って思いましたよ。このまま彼女はどこに運ばれていったのか、あのおっさんが勝手に思いついたというより、なんか当たり前のように運んでいたんで、こういうことは普通にあることなのかな、と考え込みました」

男に声をかけたときの状況に勇気が要ったかを聞くと、次のように打ち明けた。

「目の前が西武新宿駅で人通りも多かったので、いざとなったら大声出せばなんとかなるかなと思ったんで、そんなに勇気が必要でもなかったかな。堅気じゃない風貌なんで怖いは怖かったですが...」