NEWS
2018年09月18日 13時04分 JST | 更新 2018年09月18日 13時48分 JST

山本KID徳郁さん死去、41歳 がん治療を受けていた

がん治療を受けていることを公表していた。

Jim Kemper/Zuffa LLC via Getty Images
山本KID徳郁さん

格闘家の山本KID徳郁さんが死去したことがわかった。41歳だった。9月18日、山本さんが所属するジムの公式Twitterで報告された。

所属ジム「KRAZY BEE」はTwitterで、「山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます」と発表。「山本家、家族、友人への取材等はご遠慮頂き、ご配慮頂けますようお願い申し上げます」と呼びかけた。

山本さんは8月26日、自身のInstagramで、がん治療を受けていることを公表した。がんの詳細については明かさなかったが、「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」とつづっていた。

山本KID徳郁さんは、学生時代からレスリング選手として活躍し、2001年に修斗でプロ格闘家デビュー。2005年にHERO'Sミドル級世界王座を獲得した。レスリング元日本代表の山本郁栄氏を父に持ち、姉・美憂さん、妹・聖子さんも元世界女王の格闘一家だった。