NEWS
2018年09月29日 12時09分 JST | 更新 2018年09月29日 12時09分 JST

「のど飴」で議会を退席に。乳児同伴で話題になった熊本・緒方夕佳市議に真意を聞いた。

緒方市議は以前、乳児同伴で議場に入ったことで厳重注意を受けた

2017年11月、熊本市議会に生後7カ月の長男を抱いたまま出席し、議会事務局職員らによる退席要
請を拒否する緒方夕佳市議(右)=熊本市中央区
時事通信
2017年11月、熊本市議会に生後7カ月の長男を抱いたまま出席し、議会事務局職員らによる退席要 請を拒否する緒方夕佳市議(右)=熊本市中央区

乳児を議場に連れてきたことで厳重注意を受けた熊本市の緒方夕佳市議が、今度は「のど飴」で退席処分となった。

経緯や、なぜのど飴をなめていたのか、緒方市議に聞いた。

議会は約8時間の休止に...

トラブルは、9月28日に開かれた熊本市議会の定例会で、緒方市議が市民からの請願をめぐる質疑をしていた際に起きた。

RKK熊本放送の議会中継動画を見ると、緒方市議が質疑のために登壇しようとした際、朽木信哉議長が「緒方議員、まだ待ってください!」と制止。続けて「何か口にくわえておられますか」と質問。

会場から失笑が漏れ、緒方市議が「龍角散のど飴をくわえています」と答えた。登壇し、緒方市議が「のどを痛めておりまして...」と話し始めたが、その後、ほかの市議から次々と「臨時休会!」と怒号が飛ぶ事態に。

午前10時から始まった定例会は、通常であれば昼頃には閉会する予定だったが、このために議会進行は約8時間止まって紛糾

「のど飴をなめる」という行為が、会議規則にある「品位の尊重」に触れるとして急きょ懲罰特別委員会が設けられた。

会議規則では「議員は、議会の品位を重んじなければならない」などと記載されており、飲食については特に言及はない。

なぜのど飴で質疑の権利を奪われたのか

緒方市議は、なぜのど飴をなめていたのか。

ハフポスト日本版の取材に対し「数日前から風邪の症状が出ており、咳が一度出ると止まらないこともあった。議会の登壇中に、そうした事態にならないよう、サポートのつもりで口に含んだ」と話した。

緒方市議によれば、これまでに、咳をした際に他の市議から「咳がうるさい」などの指摘を受けていたという。

質疑の際には、議場から「飴を出させろ!」「飲食は規則違反だ!」といった怒号で騒然となったというが、議会では飲食禁止についての明確なルールはない。

休止して開かれた懲罰特別委員会では、陳謝させることが決まった。この時、「陳謝文」は本人が文言を考えるのではなく、緒方市議は用意された文章を事務局から渡され、そのまま読むようにと言われたという。

緒方市議は「自分の言葉ではない」として、用意された文書を読み上げるのではなく、自分自身の言葉で説明することにしたという。

だが、それが「陳謝文と内容が違う」として「違うだろ!」などと紛糾し、議会への一定期間の出席停止という、さらに重い処分となった。その結果、9月28日のその後の議会には出席できなくなった。

緒方市議は「市民のために真剣に議論するという場である、議会の本旨が理解されていない。議員の発言は市民の声を代弁する重要で重大な権利。質疑や討論をする権利を、このようにいとも簡単に奪うのはいかがなものか」と話している。

ほかの議会では?品位って何だろう

議会と飲食については、2009年に奈良市の仲川げん市長が、答弁中にガムを噛んでいたことで物議を醸したことがある。この時は、議会終了後に議長から注意を受け、市長が謝罪した。議会の中断や、退席といった処分に付されることはなかった。

また、品位の保持については、地方自治法に、議員は議会の会議や委員会で「無礼の言葉を使用し、又は他人の私生活にわたる言論をしてはならない」とされている。

乳児同伴で議会に来たことで話題に上がった

緒方市議は、2017年11月に、議会に生後7か月の長男を連れてきたことで、厳重注意を受けた過去がある。

この出来事がきっかけになり、熊本市議会では会議規則が変更され、乳幼児などが議会に入れないように明文化された