NEWS
2018年10月02日 13時46分 JST | 更新 2018年10月02日 13時52分 JST

ZOZO前澤友作社長、今度はストラディヴァリウスをコレクションに。

演奏会での披露が予定されている。もう何をしてもあまり驚けない…

前澤友作氏
HUFFPOST JAPAN
前澤友作氏

ZOZOの前澤友作社長が、今度はヴァイオリンの名器「ストラディヴァリウス」を手に入れたと発表した。

コレクションに加えたのは、黄金期(1700-1725)に製作されたストラディヴァリウス1717年製「Hamma(ハンマ)」。

グラミー賞受賞ヴァイオリニストをはじめ、世界の一流音楽家によって弾き継がれてきた歴史があり、その名器の音色は300年間世界中の人々を魅了してきたヴァイオリンという。

演奏家憧れのストラディヴァリウス

ストラディヴァリウスは、350年ほど前、イタリアのクレモナ地域で、アントニオ・ストラディヴァリにより生み出された「最高傑作」と言われるヴァイオリンのこと。

完璧な均整をもった形と称され、その音色・響きは歴代のローマ法王やマリー・アントワネットなど数多くの人々から愛されてきた。

前澤社長はこの「Hamma」に関して「今後、このストラディヴァリウスを世界中ぐるっと旅させます」とコメントを発表。

「現地の音楽家の皆さまにもご協力いただきながら、その国や地域の子供たちの耳に、この力強くも繊細な奇跡の音色を届けていければと思います」としている。

演奏会で披露する予定

この「Hamma」は、10月9日から森アーツセンターギャラリーで始まる「STRADIVARIUS 'f'enomenon -ストラディヴァリウス 300年目のキセキ展」にて展示及び生演奏されるという。

ZOZO提供

値段は?過去のオークションは億越えが当たり前

今回のヴァイオリンの価格について、ZOZOは公表していない。

ストラディヴァリウスは、オークションなどで高価な価格が付くことでも有名だが、日本音楽財団が所有していた1721年に製作された「レディー・ブラント」は2011年に約12億円で落札された。

このほか、同じく黄金期のストラディヴァリウスは、2006年に約3億9000万円で落札されたこともある。