WORLD
2018年10月15日 17時32分 JST | 更新 2018年10月16日 15時36分 JST

スカイダイビングで墜落死、パラシュート開かず女性死亡

米カリフォルニアのセンターで…。

Konoplytska via Getty Images
ローダイ・パラシュート・センター(2017年7月5日撮影)

米カリフォルニアの「ローダイ・パラシュート・センター」で10月14日、スカイダイビングをしていた女性がパラシュートが開かずに死亡した。米連邦航空局によると、パラシュートなどの機材は女性本人の所有物だった。連邦航空局は調査を行う予定だが、通常のケースでは、パラシュートが適切な人物によって、適切に準備されていたかどうかを調べるだけになるという。

施設の公式サイトによると、センターは1964年開設で、全米最大級、最も歴史のある施設の一つだという。スカイダイバーのために飛行機を出しているほか、タンデムで一緒に飛ぶインストラクターの紹介や装備のレンタルも行っている。

地元メディアによると、このセンターでは1981年以降、少なくとも18人の死亡事故が起きている。

「Capital Public Radio」によると、2016年には、初めてスカイダイビングをした男性(18)とインストラクターの男性(25)がともに墜落死した。このインストラクターは米パラシュート協会のトレーニングや正式な認定を受けていなかった。この事故を受けて、カリフォルニアでは「Tyler's Law」と呼ばれる、インストラクターが正式な認定を受けているかの確認をセンター側に義務付ける法律ができた。