WORLD
2018年10月17日 12時58分 JST | 更新 2018年10月17日 13時02分 JST

フェンディの11万円のショールが、アレにそっくり……。Twitterで酷評される

フェンディのウェブサイトのページは削除されたようです。

Agostino Fabio via Getty Images
イタリア・ローマにあるフェンディの店舗

1000ドル(約11万2000円)近くもするフェンディのショールが、Twitterで酷評されている。

ピンク色のシルクとウールの生地に、ファーを組み合わせたデザイン。色やデザイン自体が珍しいわけではない。ただ、絶妙な組み合わせが、このショールを目立たせてしまっている。

Twitterの意見をまとめると、このショール、ヴァギナそっくり...。

「えっ何これ...。これってむしろ、うわあああ」

イギリスのガーディアン紙は、このショールを「着ると、産まれてきているかのように見える」と表現する。

すでにフェンディのウェブサイトから、このショールのページは削除されたようだ。しかし、Googleのキャッシュには残っている。また、フェンディの商品を扱っている他のサイトでは、まだ掲載している。

Twitterに掲載されている意見を紹介しよう。

「上下逆さまにしたら、ますますリアル」

「夫は『坊主頭の男性に、着させない方がいい』と言っている。理由わかる」

「このショールを着ると若く見える。まるで今まさに産まれてくる赤ちゃんほど...」

「ここから頭を出す様子を、想像してみて」

「ちょと待って、これを着るときって、自分が産まれる時の再現になる? だけど産まれてくるのは、メガネをかけた髪の毛がふさふさの頭? うーん、やりたいようなやりたくないような」

「フェンディの986ドルの、その名も"ファーの温もりショール"。これ買う? 何かにそっくりなんだけど、はっきり言えないわ」

「自分にとっては、ハロウィンのコスチュームだな」

「全てを持っている女性へのプレゼントにいいんじゃない? これなら絶対持ってないと思う」

「990ドルもするブランド物の洋服。見た目は女性器」