NEWS
2018年11月05日 08時03分 JST | 更新 2018年11月05日 08時04分 JST

環状2号線・豊洲-築地間が暫定開通 五輪の輸送ルートに

片側2車線の本来のルートの開通は、2022年度の予定だ。

環状2号線豊洲-築地間が暫定開通 五輪の輸送ルートに

 東京の臨海部と都心部をつなぐ都道環状2号線(環2)の豊洲―築地間(約2・8キロ)が4日午後、暫定開通した。江東区有明からJR秋葉原駅周辺(千代田区)までの全約14キロが通行できるようになったが、旧築地市場周辺は本来の計画と異なる迂回(うかい)路で、片側1車線。片側2車線の本来のルートの開通は、2022年度の予定だ。

 環2の築地市場跡地と虎ノ門を結ぶ区間は、地下トンネルで20年東京五輪・パラリンピックまでに開通する予定だった。だが小池百合子都知事が市場移転を延期した影響で、築地で工事ができなくなり、トンネルの開通は延びた。

 今回暫定で開通した築地の迂回路は、片側1車線。20年東京大会で、選手村と各競技会場を結ぶ主要な輸送ルートになる。期間中、臨海部の選手村などへの行き来で交通量が増える見通しだが、都によると1日に通過できる車は計画の3分の1にとどまる。

 この日の暫定開通により、都心から臨海部の高層ビル群、豊洲市場へのアクセスが向上する。(西村奈緒美)

(朝日新聞デジタル 2018年11月04日 21時09分)

関連ニュース