WORLD
2018年11月26日 17時13分 JST | 更新 2018年11月27日 09時31分 JST

【動画】ハグ、グータッチ、ハイタッチ? 教室に入る1年生が挨拶しあう姿がカワイすぎる

教室のドアに貼られているリストから、やりたい挨拶を選び、互いにしあう。

ハグし合う子どもたち

イギリス・北アイルランドの小学校の1年生の子どもたちが、教室の入り口で交わす挨拶が話題になっている。

子どもたちは、ドアに貼られたリストの中から、「ハグ」「ハイタッチ」「グータッチ」の中から好きな挨拶を選び、出迎える子どもと互いに交わす。ギュッと抱き合う子もいれば、嫌だ、と挨拶を選ばない子もいる。その日その日で、やりたい挨拶も違うが、大半はハグを選ぶようだ。

教室での挨拶を始めたのは、北アイルランドのロンドンベリー小学校。11月12日、挨拶の様子をFacebookに投稿したところ、評判に。2週間で930万回再生されている。

「今日の挨拶係です。グータッチは少し、ハイタッチはいっぱい、大半はハグでした!1年生たちは、互いを大好きになり、いたわり合っています」

もともとは担任の教員が出迎える側だった。

「1年生は、友情を何より大切にしていて、それぞれの子どもたちが、教室に入るとき、安心して、愛されている、歓迎されていると感じられることを大切にしています。こうした考えから、新しい朝の挨拶の方法を取り入れました。 教室のドアに貼られているリストからしたい挨拶を選ぶと、ウィアー先生とハットン先生がその挨拶で出迎えます。 先生たちは確実に愛情を感じています!」

「来週からはそれぞれの子どもたちが、挨拶に出迎える人に選ばれます!ウィアー先生とハットン先生もこれまでと同じように挨拶できますよ!」