NEWS
2018年12月17日 13時53分 JST | 更新 2018年12月17日 14時09分 JST

消臭スプレーを100本以上放出⇒湯沸かし器をつけたところ爆発か【札幌爆発事故】

札幌市豊平区の店舗などが入る建物が炎上、倒壊し、40人以上が負傷した。不動産店の従業員が話しているという。

爆発で倒壊した建物付近を調べる消防隊員ら=2018年12月17日午前、札幌市豊平区、白井伸洋撮影
朝日新聞社提供
爆発で倒壊した建物付近を調べる消防隊員ら=2018年12月17日午前、札幌市豊平区、白井伸洋撮影

100本以上スプレー放出、湯沸かし器つけ爆発か 札幌

 札幌市豊平区の店舗などが入る建物が炎上、倒壊した爆発で、この建物に入居する不動産仲介会社の従業員が、室内で除菌消臭スプレーを100本以上放出した、と話していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。こうしたガスが爆発につながった可能性もあるとみて調べている。

 北海道警は同日、建造物等失火容疑で現場検証を始めた。道警と消防によると、けが人は飲食店の客ら1歳~60代の男女40人以上。このうち、不動産仲介会社の店舗にいた従業員の男性(33)が顔をやけどする重傷を負った。亡くなった人はいないという。

 捜査関係者によると、不動産仲介会社の従業員2人は16日、店内の片付けをしていて、室内で100本以上の除菌消臭スプレーを放出した後、手を洗おうとして湯沸かし器をつけた際に爆発したと話しているという。

 消防などによると、爆発が起きたのは16日午後8時半ごろ。札幌市豊平区平岸3条8丁目にある木造モルタル2階建ての建物延べ357平方メートルが焼損した。不動産仲介会社に2人、飲食店に客と従業員の計約40人がいたとみられる。この建物に入る整骨院には人がいなかった。不動産仲介会社は跡形もなく壊れており、隣の飲食店も大きく損壊、整骨院は建物の一部が壊れた。17日午前5時時点で、半径約100メートルの範囲で、爆発した建物を含めて20棟、車両26台に被害があったという。

 現場は、札幌市の中心部から南東に3キロで、札幌市営地下鉄南北線平岸駅近くの住宅と飲食店が立ち並ぶ地域。北海道電力によると、爆発や火災の影響で現場周辺の240戸が停電したが、17日朝にすべて復旧した。

(朝日新聞デジタル 2018年12月17日 13時27分)

関連ニュース