NEWS
2019年01月02日 17時51分 JST | 更新 2019年01月02日 17時51分 JST

2019年の正月、世界ではどんなふうにお祝いした? 豪華なカウントダウン特集

日本とはちょっと違う海外のニューイヤーはこんな感じだった

Associated Press
ニューヨーク・タイムズスクエアで新年を祝う人々

2019年が幕開けした。

着物を着て初詣に行く人もいれば、お餅を食べて家でダラダラ...そんな楽しいお正月。世界ではどんな風に祝っているのか。

日本とはちょっと違った、海外の豪華な年明けイベントを特集しました。

恋人と、友達と。ニューヨークはパーティー状態

欧米のお正月は、カウントダウンイベントがメイン。「正月休みを家族と一緒に過ごす」という感覚は薄く、12月31日から1月1日の年が変わる瞬間を、恋人や友達と過ごす人が多いそう。

ニューヨークでは世界最大級の年越しイベント、 「ボールドロップ(New Year's Eve Ball Drop)」がある。

Pawel Kaminski via Getty Images
タイムズスクエアのボールドロップ

タイムズスクエアに設置されたボールが、カウントダウンに合わせて落ちてくる様子をみんなで祝うのだ。

ASSOCIATED PRESS
ニューヨーク・タイムズスクエアで新年を祝う人々

無数の紙吹雪が舞うなか、「2019」と形どられたメガネをかけたり、抱き合ったりキスをしたりしながら新年の訪れを喜ぶ。

ASSOCIATED PRESS
ニューヨーク・タイムズスクエアで新年を祝う人々

クレイジーリッチなシンガポール。マリーナベイエリアにカラフルな花火

シンガポール・マリーナベイエリアでは、豪華な花火が水面に映える年越しイベントが開催された。

Getty Images
シンガポール・マリーナベイエリアで行われた年越しイベント

北京ではステージで新年を祝うイベントが開かれた。

Getty Editorial
北京のカウントダウンイベント

台湾ではビルが爆発しているように見えちゃう派手さ

台湾では、高層タワー台北101の周りに花火が噴き出し、まるでビルが爆発してるみたいに見える派手な演出。

多くの市民が夜の街に出て、タワーを見上げた。

HSU TSUN-HSU via Getty Images
台北101の周りを明るく照らす豪華な花火

ヨーロッパでも花火でお祝いムード満点

ドイツ・ベルリンではブランデンブルク門、フランス・パリでは凱旋門で、街の中心地で大きな花火が夜空を飾った。

Associated Press
ドイツのベルリンでは、街のシンボルであるブランデンブルク門の上空を花火が飾った
Getty Editorial
パリの凱旋門

EUを離脱するイギリス・ロンドンでは、「London is open」というメッセージが7言語で流された。

PA Ready News UK
「London is open」とスペイン語、ポーランド語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ルーマニア語と英語で流された

オーストラリアもド派手にお祝い。世界で最も早い年明け

南太平洋に位置し、世界で最も早い朝を迎える国のひとつ、オーストラリアでも、シドニーのハーバーブリッジでは、年越しの花火をクルーズ船の上から眺める人たちでにぎわった。

Getty Editorial
オーストラリア・シドニーの年明けイベント