アート&カルチャー
2019年01月23日 12時25分 JST | 更新 2019年01月23日 12時25分 JST

『本屋大賞』2019年のノミネート10作が決定 『愛なき世界』『フーガはユーガ』など

書店員が「今一番売りたい本」 あなたのお気に入りは?

Gulfiya Mukhamatdinova via Getty Images
Disclosed book on a table. Close-up.

2019年『本屋大賞』ノミネート10作が決定 『愛なき世界』『フーガはユーガ』など

全国の書店員が"今いちばん売りたい本"を決める「2019年本屋大賞」のノミネート作品10作が22日、発表された。

【写真】その他の写真を見る

 同賞は"出版不況"や"読書離れ"に危機感を覚えた書店員有志により創設されたもので、書店員の投票だけで選ばれる点が特徴。一次投票を昨年11月1日から今年1月6日まで行い、全国の493書店、書店員623人の投票があった。

 受賞・ノミネート作の多くは、映画化やドラマ化されるなど話題になっており、過去には、百田尚樹氏の『海賊とよばれた男』、三浦しをん氏の『舟を編む』、冲方丁氏(うぶかたとう)の『天地明察』、 湊かなえ氏の『告白』、伊坂幸太郎氏の『ゴールデンスランバー』 などが映画化され、『ビブリア古書堂の事件手帖』が月9ドラマ(フジテレビ系)として放送された。

 大賞は4月9日に発表する。

■2019年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)

『愛なき世界』三浦しをん(中央公論新社)

『ある男』平野啓一郎(文藝春秋)

『さざなみのよる』木皿泉(河出書房新社)

『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ(文藝春秋)

『熱帯』森見登美彦(文藝春秋)

『ひと』小野寺史宜(祥伝社)

『ひとつむぎの手』知念実希人(新潮社)

『火のないところに煙は』芦沢央(新潮社)

『フーガはユーガ』伊坂幸太郎(実業之日本社)

『ベルリンは晴れているか』深緑野分(筑摩書房)

関連記事