BLOG
2015年10月22日 21時19分 JST | 更新 2015年10月22日 21時20分 JST

イルカ猟抗議活動の一環か 日本のウェブサイト攻撃される

イルカ猟に反対する活動の一環として、国際的なハッカー集団が日本のIT起業を狙ったと考えられる。

IT系ニュースサイト『ASCII.jp』が、21日深夜からアクセスできない状態にあります。

この件について、国際的なハッカー集団AnonymousがTwitterで攻撃を示唆するコメントを出しています。

Twitterでは「日本の巨大ITストア、IT企業が陥落した!」(Big IT store / IT corporation for @japan is now #TangoDown!)と発言、さらに『ASCII.jp』に対して「なぜ、おまえのサイトは開かないんだい?」(@asciijpeditors Why can't get get on your website? o:)と続けています。

「殺戮の入り江(#OpKillingBay)」や「太地町を落とせ(#ShutDownTaiji)」とも書かれているため、イルカ猟に反対する抗議活動の一環として、日本のIT企業が狙われたと考えられます。

『ASCII.jp』はKADOKAWAのアスキー・メディアワークスが運営するニュースサイトで、IT分野全般を幅広く扱っています。1977年に創刊されたPC雑誌、『月刊アスキー』の流れをくむ歴史の長い媒体です。イルカ猟とはまったく関係ないように思えます。

ググってみても、関連ありそうなのは「エクセルのイルカ」程度。

姉妹サイト『週刊アスキー』のトップページは正常どおり稼働していますが、個別記事ページでは画像が抜けていることもあり、多少の影響はあるようにも見えます。

週刊アスキーは一部で画像ヌケがありました。攻撃との関連は不明。

声明にある「Big IT corporation for japan」とは、この2媒体で間違いなさそうです。

その場合「Big IT store」とは同社ECストア『アスキーストア』を指していそうですが、こちらは健在でした。

アスキーストアは平常運転でした

アスキー・メディアワークスは通信障害についてのプレスリリースを発表しました。『ASCII.jp』に問い合わせたところ、「ASCII.jpへのアクセス障害は確認している、詳細については、現在、社内技術部で調査中」とし、攻撃されているのかどうかのコメントはありませんでした。

復旧にはもうしばらく時間がかかるようです

アスキー・メディアワークス プレスリリース

Photo gallery 太地町のイルカ漁に反対する人々 See Gallery