新型コロナとインフルエンザに同時感染することはある? 専門家に聞きました

新型コロナとインフルエンザの同時感染はありえるのか?「ツインデミック」を防ぐためにできること、感染症の医師たちに聞きました。

新型コロナウイルスの感染者数が増えているが、冬はインフルエンザの流行シーズンでもある。

北半球でインフルエンザの流行が始まるのは、通常11月半ば頃。しかしこれまでのところ、大規模なインフルエンザ流行は報告されていない。

新型コロナウイルス感染対策のおかげでインフルエンザ流行が抑えられているのかもしれない、と考える専門家もいる。

しかし、新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行する「ツインデミック」の脅威が消えたわけではない。インフルエンザの流行ピークは一般的に2月。今後同時流行が起きる可能性はある。

感染症専門の医師たちも警告している通り、ツインデミックが起きると、すでにひっ迫している医療体制にさらなる重圧がかかるだろう。

同時流行とあわせて気になるのは、同時感染だ。アメリカやイギリス、中国では、新型コロナウイルスとインフルエンザに同時感染したケースも報告されている。

同時感染のデータはまだ少ないが、両方に感染した場合はより危機的な状況になる可能性があることが確認されている。

インフルエンザのシーズンに備え、同時感染について専門家に聞いた。

同時感染はどんな場合に起きるか

同時感染についてまず知っておきたいのは、同時感染は起きうるということ。新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスは、それぞれ体の違う部分に影響するからだ。

これまでの研究から「ほんの短い期間ではあるものの、最初のウイルス感染が次のウイルス感染を抑止するケースがあることがわかっている」とスタンフォード大学の感染症専門家のディーン・ウィンソロー氏は説明する。

しかしウィンスロー氏によると、この期間はとても短い上に予測不可能だ。

タイミング良く同時感染を避けられる人たちがいる一方で、そうではない人たちもいる。

また、このケースがインフルエンザの間だけで有効なのか、新型コロナウイルスのような他のウイルスでも有効かどうかも明らかではない、とウィンスロー氏は話す。

同時感染すると重症化するケースも

新型コロナウイルスとインフルエンザに同時感染すると、より重症化する可能性があると考えられている。

アリゾナ州ツーソンで、新型コロナウイルス感染症患者の治療を続けてきた内科医のマシュー・ヘインツ氏は、インフルエンザと新型コロナウイルス以外のコロナウイルスに同時感染してきた患者を診察してきた。

「彼らは症状が悪化しており、回復に時間がかかりました」とヘインツ氏は説明する。

新型コロナウイルスとインフルエンザの同時感染による重症化も確認されている。

イギリスの研究では、同時感染した患者は新型コロナウイルスにだけに感染した患者に比べて死亡するリスクが2倍で、集中治療室で治療を受ける割合が高く、人工呼吸器を必要な患者も多かった。中国イランの研究でも、同じような結果が示されている。

新型コロナウイルス同様、インフルエンザに感染すると血中酸素レベルが下がり、呼吸器の問題や炎症が起きる可能性がある。

「すべてのインフルエンザや新型コロナウイルスは、致命的な感染になり得ます。これらの感染症を同時感染すると、炎症反応が悪化する可能性があります」とウィンスロー氏は警告する。

高齢者や、肥満の人、がんや肺の疾患などの健康上の問題を抱えている人ほど、リスクは増大すると考えられている。

こういったグループの人たちは、新型コロナウイルスとインフルエンザの両方から、影響を受けやすい。

そのため、同時感染すると重症化する可能性が高いとイエール大学医学部の感染症医、オニーマ・オーバグー氏は話す。

免疫が両方のウイルスに対して働かない可能性がある

オーバグー氏によると、私たちの体には、ウイルス感染と闘うための「全身的免疫反応」と「特異的免疫反応」がある。

理論上、全身的免疫反応はすでに体内に侵入したウイルス以外のウイルスを撃退するために働く。

「この免疫反応が、二重感染の重症度を和らげます」とオーバグー氏は説明する。

しかし、この全身的免疫反応で十分にウイルスを撃退できない人たちもいる。

「一つのウイルスに大して効果的だった免疫システムが、別のウイルスには効果を発揮しないこともあります」

「二つの深刻な呼吸器疾患と同時に闘うことは、免疫システムにとってとても大変なのです」と、ヘインツ氏は説明する。

両方の検査を受けよう

どちらかの感染症が見逃される、もしくは新型コロナウイルス感染症とインフルエンザをそれぞれ他方の感染症と診断するといった誤診はあり得る。それを防ぐためには、両方の検査を受けることが大切だ。

新型コロナウイルスの治療とインフルエンザの治療は全く違う。両方の感染症を、それぞれ適切に治療する必要がある。

同時感染した場合、症状がより早く進み、重症化する可能性があるとヘインツ氏は話す。

現在医師たちは、同時感染のデータを集めている。しかし同時感染がもたらす結果を理解するための、十分な症例がまだ集まっていないという。

同時感染が与える影響は、今後徐々に明らかになっていくだろう。

専門家たちによると、現時点で両方の感染症を防ぐ最善の方法は、推奨されている全ての感染防止策を実行することだ。

「インフルエンザの予防接種を受け、マスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保つなど、感染対策を十分にとった生活を続けてください」と、ヘインツ氏は求めている。

※新型コロナウイルスについては、専門家たちが研究や調査を続けており、この記事は現時点でわかっている情報をもとに書かれています。新情報や新しい発見によってガイドラインは変わる可能性があります。アメリカの疾病管理予防センター(CDC)による最新情報はこちら(英語)。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。