27歳のエリザベス女王は「競馬を一緒に見ましょう」と19歳の上皇陛下を誘った。即位当時の心温まるエピソード

上皇陛下(当時の皇太子)による初の外遊でした。帰国後の会見で「実に温かく、フレンドリーな方と思いました」と女王の印象について語っています。
|

イギリスのエリザベス女王が日本時間9月9日未明、96歳で亡くなりました。イギリス王室と日本の皇室の関係は深く、強い絆で結ばれています。上皇陛下が当時「実に温かく、フレンドリーな方と思いました」と女王陛下について語るに至った、知られざるエピソードを紹介しましょう。

■「敗戦国代表の悲哀が身に染みた」。戴冠式では日本に冷たかったイギリス王室

1953年6月2日にウェストミンスター寺院で開かれた戴冠式で即位するエリザベス女王
1953年6月2日にウェストミンスター寺院で開かれた戴冠式で即位するエリザベス女王
- via Getty Images

エリザベス女王の戴冠式は27歳のときです。即位の翌年にあたる1953年6月2日、ウェストミンスター寺院で開かれました。父・昭和天皇の名代として、現在の上皇陛下が参加していました。当時は皇太子になったばかりの19歳。「明仁親王殿下」と呼ばれていた上皇陛下の初めての外遊でした。

第二次大戦の集結のわずか8年後。イギリス国内では依然として砂糖と肉が配給制。国民が不満を漏らしており、都市の至る所に爆撃の跡が残っていました。第二次大戦で敵対した敗戦国「日本」に対するイギリス王室の視線は冷たかったそうです。

上皇陛下の学友だった橋本明さんが書いた「知られざる天皇明仁」(講談社)によると、戴冠式での上皇陛下の席次は17番と冷遇。各国代表を回った新女王のあいさつでも、他の国の皇太子と同室のまま3時間も待たされた挙げ句、女王は握手はしてくれたものの視線を合わせなかったそうです。

このときの欧米14カ国訪問について「敗戦国代表の悲哀が身に染みた」と上皇陛下は帰国後に友人に語っていたそうです。

■使者からの思いがけない言葉「よろしかったら女王のスタンドで第二レースを」

戴冠式を終えたイギリスのエリザベス女王(左)と競馬場でダービーを観戦される皇太子さま(当時)。イギリスのエプソム競馬場、1953年06月06日撮影
戴冠式を終えたイギリスのエリザベス女王(左)と競馬場でダービーを観戦される皇太子さま(当時)。イギリスのエプソム競馬場、1953年06月06日撮影
時事通信社

しかし訪英中の上皇陛下を喜ばせたエピソードが伝わっています。エリザベス女王と並んで競馬観戦をしたのです。

当時の写真を見ると、サングラスをかけた若きエリザベス女王の隣にいるスーツ姿の上皇陛下は、ニッコリと笑って楽しそうです。戴冠式から4日後の6月6日、ロンドン近郊エプソム競馬場での出来事でした。

もともと上皇陛下は別のスタンドで観戦していましたが、途中で「よろしかったら女王のスタンドで第二レースを」と、女王の使者からお誘いがあったそうです。前述の「知られざる天皇明仁」には、次のように書かれています。

<六月六日エプソム競馬場でダービーを観戦した親王はモーニングコ ートにグレーのトップハットを着装し、第三レースのダービーステークスの馬券を買った 。隣のスタンドに英王室ご一行が陣取っている。第一レースが終わったところで 、女王のお使いが親王を訪れた。「よろしかったら女王のスタンドで第二レースを … … 」と誘いの言葉 。親王は素直にこの招待を受けた 。>

上皇陛下はこのとき、エリザベス女王との会話を楽しんだようです。帰国後の同年10月16日の記者会見で女王の印象を問われた際に、以下のように答えてます。

「エリザベス女王とは、公式会見と競馬場で二回ゆっくり話したが、実に温かく、フレンドリーな方と思いました」

(高橋紘・鈴木邦彦『陛下、お尋ね申し仕上げます』現代史出版会より)

―――

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。