小数点の悲劇…。6.99ドルを69セントに設定したガソリンスタンド責任者が解雇される

「.」が一つずれた結果、多額の損失を被ることに。家族は損失分を返金するためのクラウドファンディングを立ち上げています
イメージ画像
イメージ画像
coldsnowstorm via Getty Images

6ドル99セントを誤って69セントに設定してしまったアメリカ・カリフォルニア州のガスリンスタンドマネージャーが6月13日、解雇された。

解雇されたのは、同州北部ランチョ・コルドバにあるシェルのガソリンスタンドで働いていた、ジョン・シュチェチナさんだ。

地元メディアによると、シュチェチナさんは6月9日、ガソリン価格の小数点の置き場所を「6.99」ではなく「0.699」と間違えてしまった。

シュチェチナさんは、「ディーゼル以外の3つの価格の小数点を誤ってしまいました」「ですから、私は責任を取りました。自分の過ちです」とサンフランシスコのテレビ局KGO-TVに話している。

イメージ画像
イメージ画像
alvaro gonzalez via Getty Images

現在、カリフォルニア州のガソリン平均価格は1ガロン6.43ドルだ。

誤入力に気づくまでの数時間に、何百人もが安い価格でガソリンを入れた。その結果、ガソリンスタンドは1万6000ドル(約215万円)の損失を被ったという。

シュチェチナさんの家族は、ガソリンスタンドから訴訟を起こされることを懸念しており、損失分を返金するためのクラウドファンディングを立ち上げた。アメリカ時間の14日夜までに、3500ドル(約47万円)が集まっている。

ガソリン価格は、新型コロナウイルス初期の影響で、 2020年4月に1ガロン1.8ドルに下がって以降、上がり続けている

2021年5月には1ガロン3ドル、2022年4月には4ドルを記録。そして、アメリカで消費者物価指数が40年ぶりの高い水準となりインフレに拍車がかかる中で、6月には全米での平均価格が初めて1ガロン5ドルを超えた

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。