WORLD
2020年11月25日 11時45分 JST | 更新 2020年11月25日 11時51分 JST

グラミー賞「最優秀ロックパフォーマンス賞」を女性アーティストが独占。歴史を作る

グラミーの最優秀ロックパフォーマンス賞を女性のソロアーティストが受賞したことはなく、ソロで受賞すれば女性初となります

Getty
(上段左から)フィービー・ブリジャーズ氏、グレイス・ポッター氏、フィオナ・アップル氏(中段左から)ビッグ・シーフのエイドリアン・レンカー氏、ブリタニー・ハワード氏、(下段)ハイム

第63回のグラミー賞のノミネートが11月24日(現地時間)に発表され、ビヨンセやハリー・スタイルズ、テイラー・スウィフト、BTS、デュア・リパなど、2020年に活躍した多くのアーティストがノミネートされた。

1959年に28部門で始まったこの賞。賞の数はその後増えて、2021年は84部門で賞が授与される。

多くのアーティストがノミネートされる中で、特に女性の活躍が光ったのが、最優秀ロックパフォーマンス賞だ。

グラミー史上初めて、この賞のノミネートを女性もしくは女性が率いるグループが占めた。

最優秀ロックパフォーマンス賞 

ノミネートアーティストと楽曲

フィオナ・アップル /  “Shameika”
ビッグ・シーフ / “Not”
フィービー・ブリジャーズ / “Kyoto”
ハイム / “The Steps”
ブリタニー・ハワード / “Stay High”
グレイス・ポッター / “Daylight”

このうちソロアーティストは、フィオナ・アップル、フィービー・ブリジャーズ、ブリタニー・ハワード、グレイス・ポッターの4人。

バンドでのノミネートは、3姉妹で結成されたハイムと、エイドリアン・レンカーが率いるビッグ・シーフだ。

最優秀ロックパフォーマンス賞は、「最優秀ソロ・ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞」「最優秀ロック・ボーカル・パフォーマンス賞(デュオ / グループ)」「最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞」が一つになって、2012年に作られた。

同賞をこれまで女性のソロアーティストが受賞したことはない。

ちなみにブリタニー・ハワード氏がかつて所属していたバンド「アラバマ・シェイクス」が、“Don’t Wanna Fight”で2016年に同賞を受賞したが、彼女は今回、ソロアーティストとしてノミネートされている。

最多部門でノミネートされたのは…

第63回のグラミー賞では他にも、ビヨンセが最多の9部門ノミネートされて、2度目の最多ノミネートアーティストになると同時に、グラミー史上最も多くの部門でノミネートされた女性アーティストになった。

他にもテイラー・スフィフト、ロディ・リッチ、デュア・リパが、6部門でノミネート。ブリタニ・ハワードも5部門でノミネートされた。

さらにBTSが、“Dynamite”で最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞にノミネートされた。

zz/Raoul Gatchalian/STAR MAX/IPx
BTS

グラミー賞の受賞式は2021年1月31日(現地時間)にロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催され、「ザ・デイリー・ショー」の司会者トレヴァー・ノア氏がホストを務める。

ハフポストUS版の記事を翻訳・加筆しました。