サンフランシスコ近郊で銃撃事件、少なくとも7人が死亡。容疑者は働いていた人物か

サンフランシスコの南に位置するハーフムーンベイにあるキノコ農場と運送会社で銃撃事件が発生し、少なくとも7人が死亡した
ハーフムーンベイの銃撃事件の現場(2023年1月23日)
ハーフムーンベイの銃撃事件の現場(2023年1月23日)
via Associated Press

1月21日にカリフォルニアで発生した銃乱射事件>>ロサンゼルスの銃乱射で10人が死亡。容疑者は自ら撃った銃弾により死亡

アメリカ・カリフォルニア州北部のハーフムーンベイで1月23日、銃撃事件が発生し7人が死亡した。AP通信などが報じた。

ハーフムーンベイはサンフランシスコの約40キロ南に位置する街で、銃撃事件はマッシュルーム農場と運送会社で起きた。

サンマテオ郡の監督委員であるデイブ・パイン氏によると、4人が農場、3人が運送会社で死亡したという。

また、サンマテオ郡の保安官事務所は、容疑者の身柄を拘束したとTwitterで報告した。

NBCによると、身柄を拘束されたのはハーフムーンベイ在住で67歳のザオ・チャンリー容疑者だ。パイン氏は「容疑者は銃撃事件現場のどちらかで働いていた」とAP通信に話している。当局は、動機を調べている。

カリフォルニア州では21日にロサンゼルスのダンススタジオで銃乱射事件が発生したばかりだ。この銃乱射事件では11人が死亡している。

ホームページへ