アートとカルチャー
2021年09月23日 12時35分 JST

平野レミさんが生放送で暴露したNGワードとは?「絶対に言っちゃいけないとNHKに言われた」

9月23日放送の『平野レミの早わざレシピ』での一幕。「めちゃめちゃ笑ったけど、めちゃめちゃ美味しそう」と話題になっています

nhk.jp
NHK公式サイトの「平野レミの早わざレシピ!」紹介コーナー

NHK総合で9月23日朝に生放送された『平野レミの早わざレシピ』の中で、料理愛好家の平野レミさんがNHKから「絶対に言っちゃいけない」と言われたワードをしゃべってしまい、司会を務めたNHKの松田利仁亜アナウンサーが慌てる一幕があった。

 

■大竹しのぶさんの前で「さんまの骨抜きパスタ」を披露する中でNGワードまで暴露

この日の放送では、レギュラー出演している中山秀征さんと澤部佑さんに加えて、ゲストに大竹しのぶさんも登場。軽妙なトークを繰り広げた。

秋の食材を生かしたレシピを、放送中に次々と調理したが、その中に「さんまの骨抜きパスタ」「さんまの塩焼き・大根おろし5点」があった。タレントの明石家さんまさんと以前、結婚していた大竹さんは「さんま、さんまってずっと言われてるのは。なんか……」と「骨抜きとかね」と苦笑交じりに話した。

中山さんと澤部さんは「申し訳ない気持ちでいっぱいです」「すいません」と謝罪していた。

すると、平野さんは生放送中なのに、『さんま五点おろしって絶対に言っちゃいけない」とNHKに釘を差されていたとぽろっと口にして、松田アナが慌てた様子で「レミさん、進めましょう!」と進行を促す一幕があった。

日本テレビ系の人気番組『踊る!さんま御殿!!』の番組名とかぶるのが原因だったようで、中山さんは「他局だからってことでしょ」と突っ込んでいた。

この放送がSNS上で話題に。「めちゃめちゃ笑ったけど、めちゃめちゃ美味しそう」「そこらの芸人より、よっぽどトークが面白い。もう天才の域」「大竹しのぶの前で、さんまの骨抜きパスタを作れるのは、世界中探してもこの人しかいない」などと反響を呼んでいた。

 

■該当部分の出演者5人の詳しいやり取り

中山秀征「レミさん、まるごとっすか。さんま、まるごと?」

大竹しのぶ「さんま、さんまってずっと言われてるのは。なんか……」

中山秀征「本当、申し訳ないっす。申し訳ない気持ちでいっぱいです」

大竹しのぶ「骨抜きとかね(苦笑)」

中山秀征「師匠というのもなんか変ですからね」

澤部佑「すいません、なんか」

平野レミ「あたしさー、さっき、さんま五点おろしをやったんだけどさ、『さんま五点おろしって絶対に言っちゃいけない』って……」

松田利仁亜アナ「レミさん、進めましょう。レミさん、進めましょう!」

平野レミ「言っちゃいけないっていうんで、大変だったの。NHK、おっかないからさー」

中山秀征「他局だからってことでしょ。番組名……」

大竹しのぶ「あー!」

澤部佑「しのぶさんが気づいてないです」

野レミ「はい、さんまの骨抜きパスタの完成です!」