NEWS
2019年03月17日 17時04分 JST | 更新 2019年03月17日 17時13分 JST

ホンダ、11年ぶりの表彰台。F1オーストラリアGPでフェルスタッペンが3位入賞

2019年シーズンからタッグ組んだ強豪チーム「レッドブル」がいきなり活躍

Mark Thompson via Getty Images
オーストラリアGPの表彰台でガッツポーズをするマックス・フェルスタッペン

自動車レースの最高峰「F1」の2019年開幕戦となるオーストラリアGPが3月17日、同国のメルボルンで開かれた。「レッドブル・ホンダ」チームのマックス・フェルスタッペンが3位入賞した

ホンダの表彰台獲得は、2008年イギリスGPのルーベンス・バリチェロの3位入賞以来、11年ぶり。2015年のF1復帰後は初めてとなる。

ホンダは復帰当初、名門チーム「マクラーレン」にエンジンを提供していたが、成績が低迷。2018年から「トロ・ロッソ」にエンジン提供先を移した。

今回のオーストラリアGPは、2019年シーズンからは、トロ・ロッソの兄弟チームで、数多くの優勝経験がある強豪チーム「レッドブル」にもエンジンを提供開始して初のレースだった。

4番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルを途中でオーバーテイクして3位に入った。

F1の公式Twitterによると、フェスタッペンは「表彰台に上るためにセブを抜かないといけなかったけど、このサーキットでは大変だった。メルセデスと速さを競うことができて、表彰台にも登れたので、僕らのチームのシーズン開幕にあたって、とても良かったよ」 とコメントしている。

なお、1位はバルテリ・ボッタス、2位はルイス・ハミルトンでともにメルセデスだった。