ハフコレ編集部

Chromebook(クロームブック)のおすすめノートパソコン20選。画面サイズやメモリ容量、コスパが良いモデルは?【2021年版】

Lenovo「IdeaPad Duet Chromebook」に、新発売のASUS「Chromebook Detachable CM3」、Chromebook(クロームブック)のノートパソコン、タブレットパソコンを使いはじめる人が増えています。低価格でコスパが良いというものの、「Windowsとのちがいは?」「WordやExcelが使えるのか?」、「画面タイプやメモリ容量、日本語キーボードは?」など、わかりにくい点も。そこで、Chromebookの特徴とおすすめの使い方、人気の最新モデルのパソコンのラインナップを、実際に Chromebookを愛用中のライターが紹介します。コンパクトなものから大画面タイプまで続々発売されていますよ。

Macを抜き、Windowsに次ぐシェア第2位となりつつあるChrome(クローム) OS。Chrome OSを搭載したパソコン「Chromebook(クロームブック)」は低価格でコスパが良いといわれますが、「Windowsとどうちがうのかわからない」「WordやExcelが使えるのか不安」といった声をよく聞きます。

そこで今回は、実際に Chromebookを愛用中のライターが、Chromebookの特徴とおすすめの使い方、人気を集めている最新のラインナップを紹介します。コンパクトなものから大画面タイプまで、魅力的な機種が続々発売されていますよ。

Chromebook(クロームブック)とは

Lenovo「IdeaPad Duet Chromebook」。Googleスプレッドシートを編集中
ハフポスト日本版
Lenovo「IdeaPad Duet Chromebook」。Googleスプレッドシートを編集中

スマホやパソコンには、基本ソフトとして「Windows」や「macOS」などが入っています。Chromebookに入っているのは、Googleが開発した「Chrome OS」。Chrome OSには「起動が速い」「OS自体が軽い」などの特徴があり、それがChromebookのメリットになっています。

ChromebookではWebブラウザ(Google Chrome)を使ってサイトにアクセスしたり、Google Playのアプリを追加したりできます。例えば、Twitterはブラウザ・アプリのどちらからも利用可能。

Chromebook(クロームブック)のメリット

コスパが良い

同じスペックでも他のノートパソコンよりサクサク動くChromebook。本体価格もと安いのが特徴です。エントリー機種は1万円台から入手でき、教育現場でも多数導入されています。

起動が速い

わずか数秒で起動するため、パソコンにありがちな待ち時間のイライラが軽減されます。ふだんの起動だけでなく、初期設定もあっという間。Googleアカウントがあれば、すぐにお気に入りのページやアプリにアクセスできます。

操作が簡単

Google Playからアプリを追加する工程など、スマホライクな操作が多く、パソコン操作に不慣れな人や子どもでもすぐに慣れることができます。日本語キーボードにも対応しているものがほとんどなので「買ってみたら使いにくい」ということもなさそうです。

仕事でも使える

ChromebookでMicrosoft Wordアプリが使える
ハフポスト日本版
ChromebookでMicrosoft Wordアプリが使える

ふだん使っているGoogleドキュメント、スプレッドシート、スライドなどがそのまま使えます。デスクトップパソコンで作成した資料を、カフェに持参したChromebookで開いて続きを編集なんてことも簡単。OfficeアプリのMicrosoft Word、Excel、PowerPointも使えます(ファイルの共有にはOneDriveを使うと便利)。Zoomは現在アプリではなくブラウザで使えますし、日常的な使い方で「特に困ることはない」というユーザーが多いです。

簡単で強固なセキュリティ

Chromebookは全機種にセキュリティチップを搭載し、ユーザーのデータを保護。一般のウイルス対策ソフトを使う必要がありません。家族がそれぞれのアカウントでログインすることも簡単なので、「うっかり子どものデータを削除してしまった」というミスも防げます。

データはクラウドに保存

データはクラウド(Googleドライブ)に保存されるため、Chromebook本体のストレージは小さくてOK。ただし、アプリをたくさん入れたい、本体にも多くの書類や写真を残しておきたいのであれば、大きめのストレージを選んだほうが安心です。

Chromebook(クロームブック)のデメリット

オフラインに弱い

Wi-Fiがなくてもアプリを使ったりメールを書いたりすることはできますが、やはりネットワーク接続があったほうが快適。ラインナップの最後に、nanoSIMカード対応の機種を紹介しています。

パソコン用のソフトウエアに使えないものがある

パソコン用のソフトにはAdobe系ソフトの一部など、対応していないものがあります。動画の編集の場合、Chromebook対応のアプリを使うことができます(負荷の高い作業はむずかしいことも)。

Google Playのアプリもすべてが使えるわけではなく、一部非対応となっています。注意する点はタッチパネルの有無です。Chromebookにはタッチパネル液晶とそうでない液晶がありますが、kindleのようにタッチ操作が必要なアプリの場合、タッチ対応でないChromebookでは現状使えません。

Webサイトのプリントも可能です(一部非対応のプリンターあり)。

インターフェースが少ない

軽量タイプのChromebookにはインターフェースが少ないですが、BluetoothやWi-Fiでマウスやプリンターを接続することができます。持ち運ぶことが多いのであればインターフェースは少なくても使い勝手に問題ありませんし、画面サイズが大きめの機種ではUSBメモリや外部ディスプレイなども接続できます。

Chromebook(クロームブック)の選び方

Lenovo「IdeaPad Duet Chromebook」。ファブリックのカバーがおしゃれ
ハフポスト日本版
Lenovo「IdeaPad Duet Chromebook」。ファブリックのカバーがおしゃれ

用途から選ぶ

・自宅でサブ機として使ったり、外出先でチャットに書き込んだりする

10インチ前後の、コンパクトで軽いタブレットパソコンタイプがおすすめ。別機をメインに、Chromebookではウェブ閲覧などしたいなら、メモリ容量は4GBでも大丈夫。動画をたくさん閲覧する、メモリに余裕を持たせたい場合は8GBがおすすめ。たくさんアプリを使うなら、ストレージは64GBか128GBあると安心です。

・子どもがはじめてのパソコンとして使う

教育版マインクラフトもChrome OSで使えるようになり、学校に通い始める年齢の子どもの学習用パソコンとしてもChromebookはぴったり。外で探求に使い、ぶつけてしまうような可能性があるなら、耐衝撃や防滴仕様の機種もいいかもしれません。

オンライン授業が多いのであれば、大きな外部ディスプレイに映し出せ、混み合ったネットワークでも接続が切れにくいWi-Fi6対応モデルもおすすめです。

選ぶとき気を付けること

・液晶の種類

タッチパネルかどうか、光沢か非光沢かをチェックします。非光沢のほうが目にやさしいと言われていますが、光沢にはよりきれいに見えるというメリットもあります。気になる場合はブルーライトカットフィルムなどを貼ることもできます。

・ペンの有無

タッチパネルの場合、付属のスタイラスペンがあるとすぐに使えて便利。Chromebookでは、新規格となる「USI規格 ( Universal Stylus Initiative規格 ) 」のペン対応が増えています。USIペンは一般のタッチペン(スタイラスペン)に比べ価格が高いものが多いですが、今後普及に伴い解消されていく見通しです。

・バッテリー

Chrome OSは消費電力が少ないため、元々長時間使えるタイプの製品が多いです。外出時の利用が多いのであれば、さらに長いロングバッテリータイプを選びましょう。

タイプ別Chromebook(クロームブック)のおすすめ20選

それでは、持ち歩きに便利なものやハイスペックなものなど、タイプ別に人気のChromebookを紹介します。

売れ筋、タブレットパソコンタイプのおすすめ

コンパクトで3万円前後の手頃な価格、おしゃれなスタンドカバーが人気を呼んでいるタブレットパソコンタイプ。キーボードが簡単に着脱でき、タブレットだけでも使えます。キーボードもコンパクトなため、長時間のタイピングには向きません。サブパソコンとして外出先に持参したり、家の中で持ち歩いたりする気軽なデバイスにおすすめ。

持ち歩きやすい分インターフェースは少ないので、マウスなどを使うときは有線ではなくBluetoothで接続します。

デザインもおしゃれ。はじめてのChromebook

Amazonノートパソコン売れ筋第2位にランクイン。2020年の発売以来、Chromebook人気を盛り上げているのがLenovo(レノボ)の「IdeaPad Duet Chromebook」。ワンタッチでタブレットになり、ファブリックのスタンドカバーも魅力の2 in 1デバイスです。このサイズにしては大きなストレージで、アプリを多めに入れたい人も安心。「すぐに使えて液晶もとてもきれい。サブ機として毎日使っています」とのユーザーコメントも。

モニタサイズ・解像度:10.1型・1920×1200(光沢)
本体重量:約920g
CPU:MediaTek Helio P60T
メモリ:4GB
ストレージ:128GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約10時間

20213月発売、快適タイピングを実現

品薄が起きている新商品、ASUS(エイスース)の「Chromebook Detachable CM3」。縦置きも対応のスタンドカバー、スタイラスペン(USIペン)が付属するコスパの良さも話題です。キーボードは人間工学に基づき、わずかに傾斜し打ちやすく。米軍のMIL規格にも準拠しているので、落下させやすい子どもの学習用パソコンにもおすすめです。

モニタサイズ・解像度:10.5型・1920×1200(光沢)
本体重量:約915g
CPU:MediaTek MT8183
メモリ:4GB
ストレージ:128GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約12.3時間
その他:MIL規格準拠、USIペン付属

360°回転タッチパネルタイプのおすすめ

キーボードが取り外せないものの、液晶が360°回転し、通常のノートパソコンモードのほかタブレットモード/テントモード/ディスプレイモードで使える自由度の高いChromebookです。

15時間バッテリーで持ち歩きも安心

コスパの良さに定評のあるACER(エイサー)のChromebook「Spin 311」、2020年10月発売の人気モデルで、Amazonノートパソコン売れ筋ランキング第9位。360゚回転する画面で、A4用紙よりも小さいボディ。最大約15時間連続駆動と一日中使えます。「Zoomに使っています」など評判は良いようですが、「画質はやや気になる」というレビューもありました。

モニタサイズ・解像度:11.6型・1366×768(光沢)
本体重量:約1.05kg
CPU:MediaTek M8183C
メモリ:4GB
ストレージ:32/64GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約15時間
その他:Wi-Fi 5対応

パワーも兼ね備えたコンバーチブル

タッチスクリーン対応のディスプレイが 360 °回転し、Android アプリやゲームもスマホのように操作できるコンバーチブルタイプ。Bluetoothで無線、USB Type Aで有線のマウスも簡単につながり、USIペンでの手描きにも対応。仕事の資料作成にも活躍します。「安っぽくない質感がいい」と使用者のコメントも。

モニタサイズ・解像度:12型・1366×912
本体重量:約1.35kg
CPU:インテル Pentium Silver N5030
メモリ:4GB
ストレージ:64GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:-
バッテリ駆動時間:約11.0時間
その他:USIペン対応

スタイラスペン付属のコンバーチブルパソコン

映画鑑賞にも十分な13.3インチは、どの角度からでも見やすいFHD IPS 液晶。画面を回転させてテントモード、タブレットモードにし、付属のスタイラスペンを使えばクリエイティブな作業もはかどります。

モニタサイズ・解像度:13.3型・1920×1080(光沢)
本体重量:約1.38kg
CPU:インテル Celeron 5205U
メモリ:4GB
ストレージ:32/64GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約10.0時間
その他:スタイラスペン付属

MIL規格準拠に、防滴仕様。丈夫なChromebookのおすすめ

米軍が物資の調達の基準とするMIL規格に準拠しているなど、タフなモデルも人気です。学校に持参する、子どもが使うなどの場合は防滴仕様・落下に対する耐衝撃性があると安心。

持ち運び安心の堅ろうボディ

本体の側面と角をゴムで保護し、落下の際の衝撃を軽減し、MIL規格準拠の耐久性。ロングライフバッテリーの駆動時間は約13時間と、停電時にも役立つタフなChromebook。2019年モデルです。180°開いてタブレットのように置いて使え、広い視野角で一緒に画面を見ることができます。

モニタサイズ・解像度:11.6型・1366×768(光沢)
本体重量:約1.2kg
CPU:インテル Celeron
メモリ:4GB
ストレージ:32GB eMMC
タッチパネル:-
WEBカメラ:-
バッテリ駆動時間:約13時間
その他:MIL規格準拠

防滴仕様で頼れるシンプルノート

11.6インチのChromebookでは最薄クラス、重さ1kg未満と手軽に持ち歩けるタイプ。「Zoomも問題なく使っています」「スマホ感覚で使えます」とのレビューも。水、コーヒー、コーラにてテストされた防滴仕様で、万が一のときも安心です。

モニタサイズ・解像度:11.6型・1366×768(非光沢)
本体重量:約999g
CPU:インテル Celeron N3350
メモリ:4GB
ストレージ:32GB eMMC
タッチパネル:×
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約11.3時間
その他:防滴仕様

防滴仕様&限定カラーのレッド

こちらも11.6型、約999gの軽量Chromebook、限定カラーのレッドです。画面は映り込みが少ないノングレア(非光沢)。防滴仕様のフルサイズキーボードはゆったりとした配置で打ちやすさをキープしています。

モニタサイズ・解像度:11.6型・1366×768(非光沢)
本体重量:約999g
CPU:インテル Celeron N3350
メモリ:4GB
ストレージ:32GB eMMC
タッチパネル:×
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約11.3時間
その他:防滴仕様

ノートパソコンタイプのおすすめ

シンプルで薄型・軽量のノートパソコンタイプ。180°に開いて置けるタイプなら、会議の際に数人で画面を見ることができ便利です。

シンプル&高速なエントリーモデル

ほぼA4サイズで軽量スリム。180°に開き、書類といっしょにカバンに入れて持ち運びしやすいノートパソコンタイプです。microSDやUSBのポートも充実し、他のデバイスを接続するのも簡単です。

モニタサイズ・解像度:11.6型・1366x768(非光沢)
本体重量:約1.12kg
CPU:インテル Celeron N4020
メモリ:4GB
ストレージ:32GB eMMC
タッチパネル:×
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約10.0時間

お手頃価格の14インチモデル

14インチの大きな液晶ながらお手頃価格で手に入る2019年秋モデルで、Amazonノートパソコン売れ筋ランキング第1位に。180゚に開いて置け、キーボードは窮屈さがないフルサイズ。

モニタサイズ・解像度:14型・1920x1080(非光沢)
本体重量:約1.25kg
CPU:インテル Celeron N3350
メモリ:4GB
ストレージ:32GB eMMC(32GBモデルあり)
タッチパネル:-
WEBカメラ:-
バッテリ駆動時間:約10.0時間

限定カラーが個性的な14インチモデル

おしゃれなデザインが見つかるHP(ヒューレットパッカード)。限定カラーのこちらはAmazonノートパソコン売れ筋ランキング第5位です。「液晶がきれいでメディア鑑賞に良い」「限定カラーが美しい」とのレビューも。限定カラーは商品画像と実際が異なることがあります。

モニタサイズ・解像度:14型・1920x1080
本体重量:約1.33kg
CPU:インテル Celeron N
メモリ:4GB
ストレージ:64GB eMMC
タッチパネル:-
WEBカメラ:-
バッテリ駆動時間:最大10.0時間

薄さ約2cm、コスパが良い14インチ

180°に開き、目が疲れにくい非光沢液晶がふだん使いにぴったりの2019年モデル。楽天市場ノートパソコンランキングで第8位。「サブ機としてネットとメール作業に活躍」「起動も早く、初期設定も簡単」と多くのユーザーから高評価が集まっています。

モニタサイズ・解像度:14型・1920x1080(非光沢)
本体重量:約1.5kg
CPU:インテル Celeron N
メモリ:4GB
ストレージ:64GB eMMC
タッチパネル:-
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約10.0時間

仕事にも遊びにも。小型なのに大画面

すっきりとしたベゼル(額縁)で、小型軽量でありながら14インチのワイドな画面を楽しめる「Chromebook C425TA」。ASUSの2020年モデルです。180°フラットに開くタッチスクリーンは、会議での提案にテーブルに置くときも便利に使えます。

モニタサイズ・解像度:14型・1920x1080(光沢)
本体重量:約1.44kg
CPU:インテル Core m3-8100Y
メモリ:4GB
ストレージ:64GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約12.0時間

15.6インチの大画面で多用途に

Googleスプレッドシートの入力もはかどるテンキー付き。長時間バッテリーと視野角の広いWebカメラが搭載され、オンラインミーテイングからふだんの作業まで毎日使えるChromebookです。全画面での映画視聴には「画質が不満…」の声もありました。

モニタサイズ・解像度:15.6型・1366×768(非光沢)
本体重量:約1.63kg
CPU:インテル Celeron N4020
メモリ:4GB
ストレージ:32GB eMMC
タッチパネル:×
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約12.5時間
その他:Wi-Fi 5対応

最新スペックを搭載したハイエンドモデルのおすすめ

作業がもたつきにくきChromebookですが、動画の編集やオンライン会議をよくするなら、スペックにも余裕を持たせておきたいところ。Chromebookなら、同スペックでも他のパソコンより高いパフォーマンスが期待できます。

Zoomの途中で資料探しもOK

14インチの大きなディスプレイ、タブレットとしても使えるHPのChromebook「x360 14c」、スーペリアモデルです。Core i3、メモリ8GBとマルチタスク作業にも安心なスペック。インターフェースも豊富で、USB Type-Cで大型ディスプレイに映し出すことも可能。

モニタサイズ・解像度:14.0型・1920×1080(光沢)

本体重量:1.65kg
CPU:インテル Core i3-10110U
メモリ:8GB
ストレージ:128GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:最大12時間
その他:カメラキルスイッチ、Wi-Fi6対応、USIペン対応、堅ろう性あり

仕事にもプライベートにも使える耐衝撃モデル

タッチパネルが360゚回転し、複数作業にも対応できるパワフルスペック。傷に強いCorning Gorilla Glassを採用し、落下に強いMIL規格準拠と堅牢性にもすぐれた2020年モデルです。Wi-Fi 6に対応、オンライン会議で不安な「落ちる」リスクも減らしてくれます。

モニタサイズ・解像度:13.5型・2256×1504(光沢)
本体重量:1.37kg
CPU:インテル Core i3-10110U
メモリ:8GB
ストレージ:64/128GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約10時間
その他: MIL規格準拠、Wi-Fi6対応

フルHD15.6インチ大画面

2019年10月発売、Core i3、メモリ8GB搭載のハイスペックモデル。大画面液晶はフルHDで、入力に便利なテンキーも付いています。インターフェースも充実し、「メインパソコンはこれで十分」という使用者も。

モニタサイズ・解像度:15.6型・1920x1080(非光沢)
本体重量:1.75kg
CPU:インテル Core i3- 8130U
メモリ:8GB
ストレージ:64GB eMMC
タッチパネル:-
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:約12時間

家族みんなでオンラインでも問題なし

丈夫なCorning Gorilla Glass採用のディスプレイが360°回転し、タブレットとしての使用も大型ディスプレイの接続もOK。ビデオ会議をしながらの議事録を作成もサクサク行えるエグゼクティブモデルです。家族全員が同時にテレワーク・オンライン学習中でも心配いらないWi-Fi6対応です。

モニタサイズ・解像度:14.0型・1920×1080
本体重量:1.65kg
CPU:インテル Core i5-10210U
メモリ:8GB
ストレージ:128GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:最大12時間
その他:カメラキルスイッチ、Wi-Fi6対応、USIペン対応

ThinkPadトラックポイント搭載

2020年12月に発表されたビジネス用途向けChromebook。通称「赤ポッチ」、ThinkPadトラックポイントがChromebookに初めて搭載されました。クールなアビスブルーのカラーリングや質感にもこだわり、指でタッチするだけで素早くログインできる指紋センサーも。米軍MIL規格にも準拠しています。

モニタサイズ・解像度:13.3型・1920×1280
本体重量:1.36kg
CPU:AMD Athlon Gold 3150C
メモリ:4GB
ストレージ:64GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:最大12時間
その他:Wi-Fi6 対応、MIL規格準拠、トラックポイント搭載

SIMカード対応で一日中使えるハイエンド機種

Hパソコンhromebook最新機種の「x360 13c」、スイートモデルです。Core i7、メモリ16GBとWindows機でも上位機種といえるハイスペックで、画像をたくさん使う書類づくりもサクサク。nanoSIMカード対応で、Wi-Fiがない場所でもノーストレスで一日中使えます

3:2のディスプレイで縦に長いWebページも見やすく、Chromebookでは世界初、オーシャンバウンド・プラスチックを採用。サステナビリティの向上に取り組んでいます。

モニタサイズ・解像度:13.5型・1920×1280
本体重量:1.36kg
CPU:インテル Core i7-10510U
メモリ:16GB
ストレージ:256GB eMMC
タッチパネル:〇
WEBカメラ:〇
バッテリ駆動時間:最大12時間
その他:カメラキルスイッチ、Wi-Fi6対応、LTE対応、USIペン対応

まとめ

人気急上昇中の注目のガジェット、Chromebookの選び方とおすすめを紹介しました。初心者にもやさしい特徴がありながら、実は別のOS「Linux(リナックス)」も使えるなど、魅力の多いChromebook。ぜひ、お気に入りの1台を見つけてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。※ランキングは執筆時のものです。