ハリケーンで取り残された猫、男性が洪水から救出 ⇒ 「なんて素晴らしい」賞賛相次ぐ【動画】

SNSには「助けてくれてありがとう」「なんて素晴らしい人なんだ」というコメントが投稿されています
|

大型ハリケーン・イアンが上陸したアメリカ南部のフロリダ州で、1人の男性が孤立した猫を救出し、反響を呼んでいる。

救出の様子をSNSに投稿したのは、フロリダ州在住のメーガン・クルーズ・スカヴォさん。

男性が膝まで水に浸かりながら怯えたように座る猫に近寄り、救出する動画を投稿し、「私の彼が、ボニータビーチで洪水から猫を救った」とコメントした。

SNSには「あなたの彼に感謝を伝えて」「助けてくれてありがとう」「なんて素晴らしい人なんだ」という賞賛や、 男性やスカヴォさんらの安否を気遣う声が多数投稿された。

放っておけなかった

ワシントンポストによると、猫を救出したのはフロリダ南西部のボニータスプリングスに住むマイク・ロスさんだ。

ロスさんは自宅が浸水したため、ハリケーンに耐性のある両親の家に避難していた。

猫を救出したのは、ハリケーンがフロリダ州南西部に上陸する直前の28日午後2時頃。ロスさんは「当時、かなりの高潮が押し寄せていた」とワシントンポストに話している。

そんな時に、エアコンの室外機の上にたった1匹で取り残された猫がいるのに気付き、放っておけなかったという。

ロスさんは水かさが増す中、怯えたように座っていた猫に近寄り、優しく抱き上げて室内に運んだ。

動画には、撮影した母親のメアリーベス・ロスさんの「マイケルが、猫を助けた」という歓喜の声も録音されている。

救出された猫は現在ロスさんたちと一緒に避難しており、飼い主が見つからなければ家族に迎えるつもりだという。

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。