NEWS
2019年06月13日 12時57分 JST | 更新 2019年06月13日 15時46分 JST

360度透明の空中プール、ロンドンで誕生へ 「プールのデザインありきで考えた」

プールサイドや脇に階段などが存在しない。利用者はどうやって出入りすればいいのか。

360度に渡って、水面と周囲の風景が溶け合ったように見えるプールを屋上に備えた高層ビルが、イギリス・ロンドンに誕生する見込みとなった

外縁を水で覆い、境目が存在しないように見せるプールは「インフィニティ・プール」と呼ばれている。設計を担当したコンパス社は、360度のインフィニティプールを備えた世界初のビルと説明している。

一体、どんなデザインなのか。

コンパス社
インフィニティ・プールのデザイン案

コンパス社によると、このプールは55階建てのビルの屋上に設置される予定で、水の容積は60万リットルに上る。

プールはアクリル板で囲われ、周囲からは完全に透明で、外縁が存在せずまるで水が浮いているかように見えるという。

デザイン案には、プールサイドや脇に階段などが存在しない。利用者はどうやって出入りすればいいのか。

コンパス社
インフィニティ・プールのデザイン案

水中をせり上がってくる、回転式のらせん階段を使って出入りをするようだ。

プールにはライトが施されており、夜間には、宝飾が施されたように光り輝く。

デザイン担当者は、プールの設計について次のように説明している。

「屋上にインフィニティプールのデザインするために、建築家が私たちを訪ねてきますが、プールは後回しになって、ビルのデザイン案には私たちの意見が聞き入れられることはほとんどありません。しかし今回のプロジェクトは、プールのデザインありきでスタートし、『このプールの下にどんな建物をつくるか』という話になりました」

コンパス社

インフィニティ・ロンドンは、関連企業の確認が済めば、早ければ2020年に建設を開始するという。上層階に5つ星のホテルが入り、宿泊客がプールを利用できる インフィニティ・ロンドンが建設される詳細な場所は決まっていないという。 

コンパス社
インフィニティ・プールのデザイン案