「ウクライナ人の大虐殺だ」市民445人が埋まった集団墓地、イジュームで見つかる

「99%に暴行を受けた形跡」とハルキウ州知事。後ろ手に縛られたり、首にロープを巻かれたまま埋葬。子どもの遺体も……
|
ウクライナ軍が奪還したイジューム郊外の森の中で発見された集団墓地(2022年9月16日撮影、Juan BARRETO / AFP)
ウクライナ軍が奪還したイジューム郊外の森の中で発見された集団墓地(2022年9月16日撮影、Juan BARRETO / AFP)
JUAN BARRETO via Getty Images

ロシア軍から奪還したウクライナ東部の要衝イジューム近郊の森で見つかった集団墓地に、市民445人とウクライナ軍人17人が埋葬されていたとウクライナ司法当局が9月16日に発表した。現地取材した共同通信が報じた。

地元のハルキウ州知事は、この集団墓地で16日に発掘された遺体の「99%に暴行を受けた形跡」があるとFacebookで指摘。「これはウクライナ人の大虐殺だ」とロシア軍を強く非難している。

【※遺体の画像があるので閲覧注意】州知事が報告したイジュームの集団墓地の様子

■激戦の舞台となったイジュームとは?

破壊されたイジュームのマンション。地元当局によるとイジュームにある高層ビルの約70%が被害を受けたという。2022年9月14日撮影 (Photo by Viacheslav Mavrychev/Suspilne Ukraine/JSC)
破壊されたイジュームのマンション。地元当局によるとイジュームにある高層ビルの約70%が被害を受けたという。2022年9月14日撮影 (Photo by Viacheslav Mavrychev/Suspilne Ukraine/JSC)
Global Images Ukraine via Getty Images

ハルキウ州南東部のイジュームは、ドネツ川が蛇行する地域にある交通の要衝として知られている。ロシア軍が4月1日に占領して以降、半年間にわたってルハンスク州やドネツク州を攻撃するための補給基地として使われてきたが、9月初旬にウクライナ軍が大攻勢をかけてロシア軍を撤退に追い込んだ。11日にはゼレンスキー大統領がイジュームを奪還したことを発表していた

このイジューム近郊の森の中に、無数の十字架の墓標が設置された集団墓地があることをウクライナ当局が発見した。全ての遺体を発掘して、法医学的捜査が行われる予定。16日には内外のマスコミに発掘現場の様子を公開した。

■後ろ手に縛られた遺体も。「拷問や処刑を受けた可能性がある」と指摘

イジューム郊外の森の中で見つかった集団墓地の調査現場。発掘された遺体が袋に収容されている (AP Photo/Evgeniy Maloletka)
イジューム郊外の森の中で見つかった集団墓地の調査現場。発掘された遺体が袋に収容されている (AP Photo/Evgeniy Maloletka)
via Associated Press

ハルキウ州のオレグ・シネグボウ知事は9月16日、この集団墓地についてFacebookに複数の写真とともに投稿した。

「暴力的な死や拷問の跡がある450人の民間人の遺体」が森に埋められていたと明かした。「ブチャ、イルピン、マリウポリ……イジューム。これはウクライナ人の大虐殺だ!」とウクライナ侵攻で虐殺の可能性が指摘されている町の名を列挙して、強く非難した。

後ろ手に縛られた遺体が複数あり、首にロープを巻かれたまま埋められているケースもあったため、「拷問や処刑を受けた可能性がある」と指摘。また、集団墓地からは子どもの遺体も見つかった。ほとんどの墓には名前さえ書かれておらず、数字が入ったマークがあるだけだという。

現地取材したAFP通信も「記者が遺体の少なくとも1人が手を縛られているのを見た」とした上で、遺体の状態から「被害者が着ていたのが私服か軍服かは分からなかった」としている。

■4月には「ブチャの虐殺」が話題に

4月にロシア軍が撤退したキーウ近郊のブチャでも民間人を含む多数の遺体が見つかっており、虐殺の可能性が指摘されている

8月12日までに、458体の遺体が発見されており、そのうち116体は集団墓地に埋められていた

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。