NEWS
2020年08月13日 16時57分 JST

9月になっても気温高く、残暑長引く見込み。ラニーニャ現象発生の可能性

西日本、東日本を中心に厳しい残暑となりますので、9月に入っても熱中症対策が必要です。

ウェザーニュース
この先1か月の気温と降水量

2020/08/13 14:28 ウェザーニュース

気象庁は13日(木)、8月15日から9月14日までの1か月予報を発表しました。ラニーニャ現象の発生可能性があることで、9月になっても気温は平年より高く、残暑が厳しくなる見込みです。

9月に入っても気温高く、残暑が長引く可能性

ウェザーニュース
この先1か月の気温

ラニーニャ現象が発生する可能性があって、気温の高い傾向が継続し、残暑が長引く見込みです。9月前半にかけての気温は全国的に平年よりも高い予想となっています。

各地の猛暑は来週も続くと見られるため、九州から関東甲信、東北には高温に関する早期天候情報を発表しています。その後も西日本、東日本を中心に厳しい残暑となりますので、9月に入っても熱中症対策が必要です。
» 関連記事 ラニーニャ現象発生の可能性が高い

北日本は日本海側で雨量が多い見込み

ウェザーニュース
この先1か月の降水量

太平洋高気圧に覆われる日が多い、西日本や東海、関東甲信は例年よりも晴れる日が多く、降水量は平年並みか少ない予想となっています。

北陸や北日本は太平洋高気圧が後退する8月の終わり頃から、低気圧や前線の影響を受けやすくなり、1か月を通してみると平年並みの雨が降る見込みです。
» 詳細 この先3か月間の天気傾向

【関連記事】

埼玉県内で50mm超の非常に激しい雨 東京都内に雷雲拡大しゲリラ豪雨に
東京は今日も35℃を超える 猛暑日100地点超は4日連続 
今日も埼玉県で雨雲急発達 ゲリラ豪雨に注意
北関東で連日の天気急変 東京都心周辺はゲリラ豪雨の可能性低い
落雷発生 最も安全な場所とは?