アートとカルチャー
2020年02月18日 17時11分 JST | 更新 2020年02月18日 17時12分 JST

シンガー・ソングライターのまふまふ「心原性による失神」 数日間休養し活動再開へ

まふまふの公式サイトでは「現在容態は安定しておりますが、精密検査および数日間の休養をもって、活動を再開する予定です」と報告された。

「まふまふの公式サイトより」

まふまふ「心原性による失神」と診断 数日間休養し活動再開へ

 シンガー・ソングライター、まふまふの公式サイトが18日に更新。まふまふが、心原性による失神と診断を受けたことを報告するとともに、精密検査および数日間の休養をもって、活動を再開することを伝えた。

 サイトでは「まふまふについて、本人に代わってご報告させて頂きます」とし「2月16日正午頃、打ち合わせのため、スタッフがまふまふの自宅へ伺ったところ、まふまふがリビングにて倒れているのを発見いたしました」と説明し、診察の結果、心原性による失神と診断を受けたと報告。

 「現在容態は安定しておりますが、精密検査および数日間の休養をもって、活動を再開する予定です」とし「突然のお知らせとなり、ご心配をお掛け致してしまい、申し訳ございません」と謝罪した。

 続けて「関係各位へ」とし「現在発表されているイベントや企画については予定通り実施いたします。正確な状況をお伝えする為に、報告まで時間を要してしまったことをお詫び申し上げます」と記し「これからも、まふまふの活動を応援して頂けますよう何卒宜しくお願い申し上げます」と呼びかけている。

 2010年にニコニコ動画で活動を開始したまふまふは、ニコ動・YouTubeに投稿した動画の総再生回数8.5億回超、YouTubeチャンネル登録者数225万人以上、ツイッターのフォロワー数は168万人以上と、若者を中心に絶大な支持を得ている。歌唱、作詞、作曲、編曲、エンジニアリングまで行い、さまざまなアーティストへの楽曲提供も行っている。