NEWS
2019年04月29日 13時26分 JST

メルペイ、後払いでもセブン-イレブンで70%還元。しかも翌日ポイント

「メルペイまるっと半額キャンペーン」は「メルペイ払い」の決済もキャンペーンの対象。後払いなので、実際の支払いが発生する前に、50%、70%の還元を受けられる。

TECHCRUNCH JAPAN

既報のとおり、メルペイは5月6日まで「メルペイまるっと半額キャンペーン」を実施中だ。最大還元額は2500円相当(2500ポイント)と他社のコード決済系サービスのキャンペーンに比べると低いものの、非接触決済の「iD」とコード決済の両方に対応しており、支払額の50%相当、iD決済のみとなるがセブン-イレブンなら70%相当がポイントとして翌日に還元されるという強すぎる魅力がある。つまり通常なら5000円、セブン-イレブンだけなら3571円を使えば最大の還元を受けられる。

TECHCRUNCH JAPAN
メルペイ付帯のiD決済でも還元が受けられる

 キャンペーン対象条件は、5月6日23時59分までに「本人確認」の申し込みをすること。本人確認の方法としては、金融機関の預貯金口座との連携、もしくは顔写真と運転免許証(もしくは在留カード)によるe-KYCの2つがある。

TECHCRUNCH JAPAN
メルペイ付帯のiD決済ならセブン-イレブンで70%還元が受けられる。ポイント払いも還元の対象となる(2240円×70%=1568ポイント)。23時台に決済して翌1時すぎに還元されている点に注目

最近のコード決済系のキャンペーンでは、au PAYが4月23日限定で実施した26.5%還元が最大だったが、メルペイはそれを超える還元率のキャンペーンのうえ懐の深さにも注目。au PAYの場合、26.5%還元を受けるにはau回線のユーザーであるのが大前提で、税別月額499円のauスマートパスプレミアム会員に入会し、au PAYが使える食べログ掲載店を探して決済しなければならないという、かなり上から目線の難易度の高い内容だった。一方のメルペイは、18歳以上であれば、ほとんどの人がキャンペーンの恩恵を受けられる。

さらに多くのサービスでは1カ月程度かかる実際の還元が、メルペイでは翌日に受けられるというのも利用者にとってはうれしいポイントだろう。例外としては、LINE Payの「もらえるくじ」の即時還元がある。しかし、こちらは決済金額に対しての還元ではなく、100円以上の決済にもれなく付与されるハズレありの1〜200円の少額還元となる。

さらにメルペイでは、メルカリやメルペイでの取引実績に応じて一定額を月末に後払いできる「メルペイあと払い」というサービスも提供中だ。最大5万円ぶんをあと払い可能で、メルカリでの取引はもちろん、メルペイのiD決済やコード決済も後払いにできる。メルペイあと払いを使用した月は手数料(清算時手数料)が300円かかるが、5月31日までは手数料無料キャンペーンを実施中だ。

TECHCRUNCH JAPAN
「メルペイあと払い」なら実際の支払いの前に還元が受けられてしまう。メルカリの取引実績がなかった私の場合は、与信限度額(後払い上限金額)は2000円だった

 しかも、メルペイあと払いの決済もメルペイまるっと半額キャンペーンの対象となるのが驚きだ。後払いなので、実際の支払いが発生する前に、50%、70%の還元を受けられるという不思議な体験ができる。

(2019年4月28日TechCrunch Japan「メルペイあと払いでもセブン-イレブン70%還元の衝撃、支払う前に還元を受けられる」より転載)

関連記事