新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月15日 13時24分 JST | 更新 2020年04月15日 13時29分 JST

杏さん「命を捨てないように」と歌う動画を投稿。子どものそばで、加川良さんの「教訓1」を

杏さんの世代よりかなり前だが、含蓄のある加川良さんの曲であることも驚きを持って迎えられた。【新型コロナウイルス】

YouTubeより
YouTubeに投稿された加川良さん作曲の「教訓1」を歌う杏さん

杏さんが伝説のフォークシンガー加川良さんの「教訓1」を自然体で歌う動画がアップされ話題になっている。杏さん世代とはかけ離れた半世紀前の1970年に発表された含蓄のある加川さんの曲であることも驚きを持って迎えられた。
その曲の冒頭は
 「命はひとつ 人生は1回 だから 命を すてないようにネ……」
だ。50年前の反戦と平和を込めた曲だった。

杏さんはInstagramにこうメッセージを寄せている。

自分のことを守ることが、外に出ざるを得ない人を守ることになる。

利己と利他が循環するように、一人ひとりが今、できることを

 YouTubeには数々の声が寄せられている。

 

・なんて美しい歌声なんでしょうか。曲も美しい。ありがとう。加川良さんというすばらしい歌手がおられたなんて知りませんでした。杏さんは泥沼から華を咲かす蓮華のようだ。社会が暗闇に覆われつつある中で、この歌声が心に沁みる

・この曲は初めて知りましたが、
「死んで神様と言われるよりも生きて馬鹿だと言われましょうよね」という歌詞が素敵だと思いました!

・世代が違って知らない人も多い歌だとは思うが、歌詞の内容は今の時代だからこそ心に刺さるものがある。

加川良を持ってくるセンス。命を大切にしよう。