NEWS
2019年03月22日 14時48分 JST | 更新 2019年03月22日 19時00分 JST

山口真帆さん、NGT運営の記者会見中にTwitterで反論 「(劇場での)謝罪を要求されました」

AKSが、NGT48の山口真帆さんがファンから暴行を受けた問題について記者会見を開いた。

山口真帆さんのツイートより

NGT48の山口真帆さんが2018年末、ファンの男性2人に暴行を受けた問題について、NGT48を運営するAKSが3月22日に記者会見を開いた。会見中に山口さんはTwitterを更新。「(記者会見を開いている松村匠取締役は)『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました」などとツイートした。

第三者委員会の報告書では、暴行は事実だったと認定しながらも、「事件そのものにNGT48のメンバーが関与した事実はなかった」としている。一方で、NGT48の一部メンバーとファンの間に「私的領域におけるつながり」があったとも報告した。

会見をリアルタイムで視聴しているとみられる山口さんは、ツイートを更新し、「只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました」と訴えた。

山口さんが投稿したツイートは以下。 

会見中は、山口さんのツイートについて質問も飛んだ。

山口さんはツイートで、事件発覚後の劇場での「謝罪」について「(松村氏に)謝罪を要求されました」と訴えたが、松村氏は「劇場の謝罪は要求しておりません」と否定。

また、「山口さんに言いたいことは」と問われると、「被害を受けたのは彼女ですし、このような事態を発生させてしまったことは大変申し訳ない気持ちしかございません。今後は我々の体制をしっかり整えていくことを本当に約束したいと思っております」と回答した。

【UPDATE 2019/3/22 16:00】

山口真帆さんがツイートを投稿。

一部メンバーとファンの間の「つながり」について、「他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言うのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識している」とつづり、「証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」と投稿した。

【UPDATE 2019/3/22 16:30】

1月10日の劇場での謝罪について、山口さんは再度Twitterを更新。「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」とコメントした。ツイートには、「松村匠取締役が当初言うように考えた文章です」として、謝罪文のメモも投稿されている。

会見でメモの真偽について問われた松村氏は、「私ではありません」と関わりを否定した。