AKB48

「可愛すぎる夫婦でほんわかします」「バチバチにお美しい!!!」
「たとえ悪気はなかったとしても、これから私は心が死ぬサービスはしない」。「元アイドル」という経歴をもち、現在、フリーで作家・ライターとして活躍する大木亜希子さんが、覚悟をもってそう決めた理由とは?
ヤクルトファンが長年覚醒を待ち望む若手のホープ。150キロを超える速球はロマンの塊だ。
2019年まで11年連続、通算12回出場していたAKB48が紅白に落選。これを受け、AKB48の柏木由紀さんが自身のツイッターでコメントした。
社会課題などについても自身の意見を積極的に発信する秋元才加さん。苦しみも喜びも味わったAKB48卒業から7年、今考えていること。
2年3ヶ月ぶりとなる“復帰作”について「今回のコンセプトは友情でした。友人の期待に応えたい一心で今作を作りました。」と振り返った。
1日に引退を発表した「まゆゆ」こと渡辺麻友さんに、「神7」としてAKB48の人気を支えたメンバーたちから続々とコメントが寄せられています。
2017年の卒業まで、第一線でAKBグループを牽引してきました。