NEWS
2019年10月13日 21時50分 JST | 更新 2019年10月15日 13時08分 JST

ラグビー日本代表、史上初の決勝トーナメント進出 スコットランドに見事な粘り勝ち【ラグビーワールドカップ】

ラグビー日本代表、初の決勝トーナメント進出。見事な粘り勝ちを見せてくれました。おめでとうございます!👏

Cameron Spencer via Getty Images

ラグビー日本代表は10月13日、スコットランドと対戦し、28対21で勝利した。日本は史上初のワールドカップ決勝トーナメント進出を決めた。

1次リーグA組は、アイルランドがすでに決勝トーナメント(ベスト8)進出を決めていたため、日本は残り1枠をかけてスコットランドと争った。

序盤は、スコットランドのパワーに苦しんだ。前半6分、ラッセルがトライを決め先制点を許した。だが前半18分ごろ、抜け出した福岡が、相手のタックルを受け倒れながら、走りこんできた松島に絶妙なパス。そのままトライを決めた。

そこから日本のトライラッシュ。前半26分には、松島の突破から日本はフォローした選手へと細かいパスをつなぎ、最後は稲垣啓太がトライを決めた。さらに前半終了間際の39分には、福岡がトライをもぎ取った。

後半でも日本は勢いを落とさず、後半3分で福岡がトライを獲得。しかしその後、スコットランドの激しい攻撃がつづいた。後半9分、ネルがトライを成功し、フェーガーソンが15分にもトライを獲得。その後も4トライ目を奪おうとスコットランドの反撃が繰り広げられたが、日本が粘り勝ちした。

得点シーンは、以下の通り。

0-5(前半6分):スコットランドのフィン・ラッセルがトライ成功

0-7(前半7分):スコットランドのグレイグ・レイドローがコンバージョンキック成功

5-7(前半18分):日本の松島幸太朗がトライ成功

7-7(前半19分):日本の田村優がコンバージョンキック成功

12-7(前半26分):日本の稲垣啓太がトライ成功

14-7(前半26分):日本の田村優がコンバージョンキック成功

19-7(前半39分):日本の福岡堅樹がトライ成功

21-7(前半41分): 日本の田村優がコンバージョンキック成功

26-7(後半2分):日本の福岡堅樹がトライ成功

28-7(後半3分):日本の田村優がコンバージョンキック成功

28-12(後半9分):スコットランドのウィレム・ネルがトライ成功

28-14(後半10分):スコットランドのグレイグ・レイドローがコンバージョンキック成功

28-19(後半15分):スコットランドのザンダー・フェーガーソンがトライ成功

28-21(後半16分):スコットランドのフィン・ラッセルがコンバージョンキック成功

WILLIAM WEST via Getty Images
前半18分、トライを成功させた松島幸太朗
WILLIAM WEST via Getty Images
福岡は前半、後半でトライを成功させた。
Gary Hutchison - SNS Group via Getty Images
後半はスコットランドの激しい反撃が続いた。
Clive Rose - World Rugby via Getty Images
勝利が決まった瞬間の日本代表
Stu Forster via Getty Images
WILLIAM WEST via Getty Images
Clive Rose - World Rugby via Getty Images
日本代表を送り出すスコットランド代表
Cameron Spencer via Getty Images
Clive Rose - World Rugby via Getty Images