ホームレスにホースで水を浴びせた男を逮捕「全く容認できない」(サンフランシスコ)

容疑者がホースで水をかけた時の動画はSNSで拡散し、「恐ろしい」「人道に反する」などのコメントが投稿されていた
サンフランシスコのポークストリートにたつ、ホームレスの人たちのテント(2023年1月13日)
サンフランシスコのポークストリートにたつ、ホームレスの人たちのテント(2023年1月13日)
Anadolu Agency via Getty Images

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコで、ホームレスの女性に水をかけたギャラリーのオーナーが暴行罪で逮捕された。

サンフランシスコ警察は1月19日、水をかけたシャノン・コリアー・グウィン容疑者を逮捕したと発表した。

グウィン容疑者は1月9日、ホームレスの女性にホースで水をかけ、その時の動画がSNSで拡散した。

動画には、グウィン容疑者がフェンスにもたれかかりながら女性に水を浴びせ、その後「動け!動け!動け!わかったか?動くか?」と告げている様子が映っていた。

撮影したのは近くの店で働くシェフで、動画には「恐ろしい」「人道に反する」などのコメントが投稿された。

サンフランシスコ警察によると、9日正午頃に警察官が通報を受けて現場に向かった後、市の危機対応チームが被害者への援助を提供した。

ブルック・ジェンキンス地方検事は「家を持たないコミュニティの人々に対する暴行容疑は、全く容認できないものです」と容疑者の行為を批判している。

グウィン容疑者は事件後、被害者の女性と事件が起きるまで何度も衝突していたとサンフランシスコ・クロニクルに述べた。

さらにABCに「限界に達していた」「どう対応していいかわからなかった」と釈明した一方で、自分の行動を深く後悔しており償いたい、と反省の言葉も口にしている。

サンフランシスコではホームレスが深刻な問題の一つになっており、市の調査では、2022年には7754人が住む家がなかった。

原因の一つは極端な住宅不足で、住宅費が高騰して多くの人が家賃を払えなくなっている。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

ホームページへ