アート&カルチャー
2019年03月27日 12時49分 JST | 更新 2019年03月27日 20時16分 JST

「W」(ダブルユー)が13年ぶり復活。加護亜依と辻希美のユニット。発売中止CDの曲も配信へ

『Hello! Project 20th Anniversary!!プレミアム』に出演。「どの曲がパフォーマンスされるのかは、当日楽しんで頂きたい」

ZETIMA
ダブルユーのCD「デュオU&U」(2004年)のジャケットより

ファンたちが待ち望んだ復活宣言だ。

元・モーニング娘。メンバーの加護亜依さんが3月26日、公式Twitterを更新し、同じく元メンバーの辻希美さんとのユニット『W(ダブルユー)』が13年ぶりに復活することを明かした。

ハフポスト日本版がアップフロントエージェンシーの担当者に取材したところ、2人のユニットのW(ダブルユー)が復活パフォーマンスを行うのは、3月30日に千葉県の幕張メッセで開催される『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019』だ。

加護亜依さんと辻さんが出演するのは、30日正午に開演する『Hello! Project 20th Anniversary!!プレミアム』のみとなる。

2人がハロー!プロジェクトのコンサートで共演するのは、2006年1月に開催された『Hello!Project 2006 Winter 全員集GO!』以来、約13年ぶりとなる。

担当者は「どの曲がパフォーマンスされるのかは、当日楽しんで頂きたい」と語った。

■発売中止CDの楽曲も配信へ

アップフロントワークスの公式サイトによると、発売中止CDの楽曲も復活する。コンサートに合わせて30日、「W」の7枚目シングル「どうにもとまらない/ちょい悪デビル」と、3枚目アルバム「W3:faithful」から3曲を加えた全5曲の配信が、コンサート当日の30日に始まる。

日刊スポーツによると両作品は2006年3月に発売予定だったが、加護のトラブルにより発売中止となっていた。