NEWS
2019年04月28日 16時55分 JST | 更新 2019年04月28日 17時37分 JST

フィエールマン、天皇賞・春 "平成最後"のGIレースを制す 平成の名馬たちを写真で振り返る(画像集)

テイエムオペラオー、ディープインパクト、キタサンブラックなど、平成の競馬史に残る名馬の記憶をたどる

″平成最後”のGIレース、第159回天皇賞・春(芝・3200m)が4月28日、京都競馬場で行われ、クリストフ・ルメール騎手が乗った1番人気のフィエールマンが優勝した。

同馬は、最後の直線で6番人気のグローリーヴェイズと並走したが競り勝った。

ルメール騎手はレース後のインタビューで、フィエールマンの印象について、「(この馬はレース毎に)だんだん強くなる。次も楽しみ。凱旋門賞に出たらチャンスもあると思います」と喜びを語った。

JRA公式サイト
平成最後の第159回天皇賞・春を制覇したフィエールマン

 平成の天皇賞・春を制した名馬たち 連覇は過去4頭

平成の30年間、春の天皇賞で歴史的な勝負を繰り広げた名馬たちを紹介する。

平成の春の天皇賞の始まりは、第99回。

武豊騎手が乗った4番人気のイナリワンが優勝した。

時事通信社
第99回天皇賞・春(GI)で優勝したイナリワンと武豊騎手=京都競馬場

その2年後の1991年と92年、第103・105回の天皇賞(春)を連覇したのが、メジロマックイーン。どちらのレースの騎乗も、武豊騎手だった。

時事通信社
第105回天皇賞・春(GI)を制し、史上初春の天皇賞2連覇のメジロマックイーンと武豊騎手=京都競馬場

2000年代に入り、天皇賞・春を連覇した競走馬は過去に3頭。

第121回・第122回(2000年・2001年)を連覇したのは、テイエムオペラオー

天皇賞・春以外のGIレースでも強さを見せた。通算で7度のGI制覇とGI5連勝で、競馬ファンの心を掴んだ。 

時事通信社
テイエムオペラオーで秋の天皇賞を制し鞍上でガッツポーズする和田竜二騎手(東京・府中市の東京競馬場)

2006年・第133回の春の天皇賞は、武豊騎手が乗ったディープインパクトが制覇。

前年の2005年に3冠(皐月賞・日本ダービー・菊花賞制覇)を達成したディープインパクトは、3分13秒4のレコードタイム(当時)で圧勝した。三冠馬が翌年の春の天皇賞を制覇したのは、シンボリルドルフ以来、21年ぶりだった。

時事通信社
ディープインパクトが3200メートルの長丁場を3分13秒4のレコードタイムで圧勝。騎手は武豊(京都競馬場)

2013・2014年の天皇賞・春を連覇したのは、フェノーメノ

2013年のレースでGI初制覇。続く翌年のレースは、キズナやゴールドシップといった当時の実力馬に競り勝っての価値ある連覇となった。

時事通信社
天皇賞・春で優勝したフェノーメノ。騎手は蛯名正義(2013年 京都競馬場)

2016・2017年の天皇賞・春を連覇を成し遂げたのが、キタサンブラック

2017年のレースは3分12秒5で勝ち、天皇賞・春のレコードタイムとなっている。この記録は近年のレースでも破られていない。

時事通信社
引退式で最後の走りを披露するキタサンブラック。騎手は武豊。(2018年01月07日 京都競馬場)

平成最後の天皇賞・春を制したフィエールマンは、ディープインパクトの子であり、今回の勝利はまさに平成の競馬史に残る継承となった。

令和の時代には、どんな名馬が誕生するのか。楽しみに待ちたい。