NEWS
2019年06月14日 10時59分 JST | 更新 2019年06月14日 11時55分 JST

KANA-BOONの飯田祐馬さんが音信不通、6月15日の企画ライブを中止に。捜索願も提出

公式サイト上で「メジャーデビュー5周年企画の締めくくりに、皆様にこのようなご報告をしなければならないことを、メンバー、スタッフ一同、大変心苦しく感じております」とつづっている。

KANA-BOON公式サイトより
企画ライブの中止を発表したKANA-BOON

4人組の人気バンド「KANA-BOON」のベース、飯田祐馬さんが6月5日から音信不通になり、家族によって捜索願が提出されていると、所属事務所が14日、公式サイト上で発表した。

2018年9月にデビュー5周年を迎え、1年がかりで5周年企画イベントを開催している最中だった。

公式サイトには「あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」と書かれており、6月5日の連絡を最後に、行方が分かっていないという。

6月15日には、デビュー5周年企画の最後を彩る「KANA-BOONのOSHI-MEEN!!」を開催する予定だったが、今回の騒動により中止の判断を下した。

5周年企画は、アニバーサリーイヤーの2018年から、5シーズンにわたり、5つのイベントを企画。3月9日までは、全国47都道府県と台湾をまわる「Let’s go 55 ONE-MAAN!!」と銘打ったツアーでファンを盛り上げていた。

6月の企画については、ボーカルの谷口鮪さんがブログで「様々な形で受けた恩がある。そしてその恩を新たな形で返したいという願いから生まれた」と語っており、そうしたメンバーたちの思いを受けてライブではメンバーの“推し”アーティストとの対バンが予定されていた。

所属事務所によると、家族からの情報で6月5日に家を出たところまでは確認できているものの、マネージャーがスケジュール確認のために連絡したところ、音信不通になっていた。

事務所は「メンバーはとても心配しており、ファンに対しても申し訳ないと思っている。近日中にブログなどでコメントを出せたらと考えています」と話している。

飯田祐馬さんをめぐってのトラブルでは、2017年に俳優の清水富美加(千眼美子)さんとの不倫が報じられ、不倫の事実を認めて謝罪しバンドの公式サイトに謝罪コメントを掲載するなどの騒動があった。