NEWS
2019年09月02日 16時55分 JST | 更新 2019年09月02日 19時20分 JST

東京ディズニーランドの「花嫁カチューシャ」、メルカリで3倍以上の高値で転売。広報「止められず苦慮している」

ハロウィーンのイベント期間中の新商品として、9月2日に発売されたが...

東京ディズニーランド公式サイト
東京ディズニーランドの売店などで9月2日より販売されているハロウィーンの限定グッズの「カチューシャ」

東京ディズニーランドの園内の売店などで9月2日に発売された新商品のカチューシャが、フリマアプリ「メルカリ」で高額転売されていることが話題となっている。

東京ディズニーリゾートでは、9月10日より毎年恒例のハロウィーンのイベント期間が始まるが、同グッズはそれに先駆けて発売されたものだ。

東京ディズニーランド公式サイト
東京ディズニーランドの売店などで9月2日より販売されているハロウィーンの限定グッズの「カチューシャ」

ツイッター上では”花嫁カチューシャ”として一時トレンドに入るなど話題となり、購入しようと販売店舗を訪れたとみられる人からは、「無事購入できた」と喜びの声があった一方、「買えなかった」「争奪戦が凄まじい」などという声もあった。

東京ディズニーランドの公式サイトによると、同グッズは”ハロウィーン装飾をモチーフにしたスペシャルグッズ”で、価格は1800円。

カラーはうす紫で、人気キャラクターのミニーマウスの耳の形をかたどったカチューシャだ。

ハロウィーンらしく、ワンポイントで右耳にはクモが縫い付けられ、レースが付いている。

ウェブサイトには、「おひとり様、1会計につき、3個までのご購入とさせていただきます」と、おことわりが書かれている。

同グッズは、東京ディズニーランドの園内の「グランドエンポーリアム」やパークの外のグッズショップ販売施設「ボン・ボヤージュ」などの店舗で販売されている。

メルカリでさっそく高額転売、1800円が6500円で売られるものも...

発売初日から早速人気となった”花嫁カチューシャ”だが、すでに問題も生じている。

フリマアプリのメルカリで、定価よりも高い値段での転売が相次いでいるのだ。

筆者がアプリを確認した範囲では、定価の1800円に対し、約2倍の3600円から3倍以上の6500円で転売されているのが確認できた。

メルカリのアプリ
メルカリで高額販売されている”花嫁カチューシャ”

ツイッターでは、転売について「メルカリで高額転売しないでほしい。しかも3倍以上の値段」「対策を考えた方がいいのでは」などと、厳しい声があがっていた。

「認識はしているが、止められず苦慮している」と広報

ハフポスト日本版は、同件について、東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドの広報担当者に取材した。

──メルカリで転売が相次いでいるが、認識していますか?

認識はしております。その上で、弊社としても防止策は以前から講じております。

──どのような防止策を実施しているのでしょうか?

混乱を避けるために販売店舗への入場制限を実施したり、商品の購入については整理券をお配りしています。

整理券については譲渡を禁止し、店舗への入店は定められた時間内に一度にとさせて頂いております。

購入後は証明としてスタンプを押させて頂くことで、複数回購入をご遠慮頂いています。

──転売が行われているメルカリなどには、何か働きかけをしていたりしますでしょうか?アプリ上で転売をしている人に向けては、何かありますか?

いいえ。

あくまでもメルカリは個人間の売買となりますので、どうしても転売を完全に止めることは出来ず、その点については苦慮しているところです。

私どもと致しましては、一人でも多くのゲストにグッズを届けたいという思いがあります。

販売初日から長い時間お待ち頂いてグッズを購入してくださる方がいますので、そういったゲストのみなさまのお気持ちには、大変感謝しております。

――

販売初日は一部の店舗で売り切れとなったが、明日以降も、在庫があり次第同グッズは販売していくとしている。

【UPDATE】
本記事は、9月2日午後7時すぎ、株式会社オリエンタルランドの広報への取材に基づいた内容を加筆し、更新しました。