NEWS
2019年10月07日 13時42分 JST

届いた黒毛和牛は、ほとんど脂身。宮崎県美郷町が「ふるさと納税」の返礼品27種類を停止

返礼品を受け取った人が、脂身ばかりの黒毛和牛の写真をTwitterに投稿し、「これはひどい」「詐欺だ」などと批判の声があがっていた。

ふるさと納税サイトより
宮崎県産黒毛和牛薄切り800g、現在は「売り切れ」としている。

宮崎県美郷町は10月7日、ふるさと納税の返礼品の黒毛和牛について「ふさわしくない品質のものを届けた」として、一部の返礼品を停止すると発表した。

返礼品を受け取った人が、脂身ばかりの黒毛和牛の写真をTwitterに投稿し、「これはひどい」「詐欺だ」などと批判の声があがっていた。

問題となったのは「宮崎県産黒毛和牛薄切り800g」。1万円以上を寄付した場合の返礼品として、7月から業者から直接計40人に送っていた。

ネット上で話題になっていたのを知った職員が、投稿者と連絡を取り、事実確認と謝罪をした。これを受けて美郷町は7日、品質の確保ができるまでの間、黒毛和牛と同じ業者が扱う27の返礼品を停止した。

美郷町によると、業者側は「人手不足だった」などと説明しているといい、詳しい原因や経緯の聞き取りを進めている。

投稿者は追加対応を求めなかったが、美郷町は本来の品質の黒毛和牛を改めて送付する。黒毛和牛を受け取った40人に対しては、返礼品の状態などを確認しており、問題があれば寄付額の返金や代用品の送付などの対応をする。今のところ、そういった報告は他にないという。

美郷町は公式サイトで、県内の畜産業者に対しても謝罪し、返礼品に対する情報を寄せてもらうよう呼びかけている。

美郷町担当者は、ハフポスト日本版に「本来は返礼品としてふさわしくない品質のものをお送りしてしまい、ご迷惑をおかけしました。事実を知った時点で早急に対応しました」と説明。再開については「業者に品質や業務改善などを提示していただけた場合に検討する」と話している。