NEWS
2020年02月01日 17時46分 JST | 更新 2020年02月01日 21時28分 JST

3万円台で買ったロレックスの時計が... 鑑定額を聞いた持ち主がひっくり返る(動画)

「大丈夫ですか。倒れないで。話はまだ終わってませんから」と鑑定人が続けた。

「Antique Roadshow」のYouTubeより
鑑定額を聞いてひっくり返る男性

1974年に約345ドル(約3万7000円)購入し、一度も使っていないというロレックスの時計。

持ち主の男性は、オークション番組で鑑定額を伝えられ、地面にひっくり返った。

「40万ドル(約4330万円)の価値があります 」

話はそれだけでは終わらなかった。

話題となっているのは、1月27日に放送された「Antiques Roadshow」。

全米各地を回って、アンティーク品を査定するオークション番組だ。

今回の舞台は、ノースダコタ州のウエストファーゴ。

ゲストの男性は、持ち寄ったロレックスの時計について説明を始めた。

空軍の任務でタイに駐屯していた1974年ごろ、手が届く値段のロレックスの時計を購入したが、一度も使わなかった。

基地の売店を通じて注文し、値段は10%割引で約345ドル(約3万7000円)。男性の当時の1カ月分の給料に相当する額だった。

男性は、任務が終わると別の時計を購入し、ロレックスの時計は金庫にしまった。そこからおよそ40年の月日が経ったという。

鑑定人によると、男性の時計は1971年製。モデルが「限りなく希少」として、このタイプの時計が40万ドルの価値があると伝えた。

鑑定人は驚きで倒れこむ持ち主にこう伝えた。

「大丈夫ですか。倒れないで。話はまだ終わってませんから」

鑑定はまだ終わっていなかったのだ。

モデルの貴重さに加えて、一度も着用しておらず、箱や保証書がきれいに残されていることに触れて、「オークションで50万ドル〜70万ドル(5410万円〜7580万円)の値打ちが付くでしょう」と伝えた。

男性は、驚きを通り越してただただ笑うしかなかった。「信じられない...」と言葉を失った様子だった。

Rocky89 via Getty Images
ロレックスのイメージ写真