私の壁見えてますか
2020年03月20日 15時37分 JST | 更新 2020年04月02日 11時29分 JST

実写版『ムーラン』吹き替えは元宝塚トップスター。明日海りおさん「男に扮した声がすごく馴染む」

明日海さんにとっては、ムーランの吹き替えが、2019年11月の宝塚退団後初めての仕事となる。

ーーーーーーーーーーーーーー © 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. ーーーーーーーーーーーーーー
ムーランを演じる明日海りおさん(左)、魔女シェンニャンを演じる小池栄子さん(右)

ディズニーの新作映画、実写版『ムーラン』の日本語版で、元宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りおさんがムーランの吹替を担当することが発表された。

『ムーラン』は、中国に伝わる男装の戦士を描いた名作。「女性」らしくいることができないムーランは、家族を守るため、愛する父親の身代わりに男性と偽って兵士になる。厳しい訓練と努力の中、「本当の自分」と「偽りの自分」の間で葛藤する女性の成長物語でもある。

明日海さんにとっては、ムーランの吹き替えが、2019年11月の宝塚退団後初めての仕事となる。発表を受け、ファンからは「嬉しい」「絶対見ます!」など歓喜のコメントが寄せられている。

ディズニー好きとして知られる明日海さんは、「『もしディズニーの吹替のオーディションがあれば是非エントリーしたいです!』と事務所の人に伝えようと思っていた時にちょうど『ムーラン』のオーディションの連絡が来て、鳥肌が立ちました」とコメント。

「戦いのシーンも多く演じてきているため、力強いかけ声や、『ハァ~!』とか『フッ!』などの息遣いにはすごく役に立ったのではないかなと思います」と、男役としての経験が役立ったと語る。

ただ、男役を極めたからこその苦労もあったようだ。

「女の子としてムーランが生活しているときに、不自然さが漂ってしまって、男に扮しているときの声がすごく馴染むというか、リラックスしてしまう時があるんです。ムーランが一生懸命男の人に混じって、男として振舞うことの健気さとか初々しさがなくなってしまい、ムーランと逆転してしまうような現象が起きてしまいましたね」

また、映画版のオリジナルキャラクター・魔女シェンニャン役は小池栄子さんが担当するという。

実写版「ムーラン」は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で公開予定日が5月22日に延期された。