新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年03月31日 15時30分 JST

セサミストリート、新型コロナ感染予防のコンテンツを発表「みんなで一緒にね!」

親や保護者のためのコンテンツもあり、ウイルス感染について子どもと話し合う方法や、大人自身のセルフケア方法などが紹介されている。

JOHN LAMPARSKI VIA GETTY IMAGES
セサミストリートの人気キャラクターたち

カラフルで風変わりな人気者たちが、この苦境を乗り切るための心強い味方になってくれるようだ。

「セサミストリート」をはじめ、さまざまな教育活動を手がける非営利法人、セサミワークショップが3月20日、新型コロナウイルスの世界的な爆発的流行を受けて、『Caring for Each Other』(お互い)という取り組みを立ち上げた。

親や保護者のためのコンテンツもあり、ウイルス感染について子どもと話し合う方法や、子どもを安心させる方法、生活リズムの作り方や、大人自身のセルフケア方法などが紹介されている。普段の生活が送れない今だからこそ必要な、家での過ごし方やお勧めのゲームやアクティビティも多く紹介されている。

「今は『つらいときでも、家族がずっと一緒にいる』ということを、子どもたちに伝えるための素晴らしい機会です」「ここに書かれたアドバイスによって、あなたには子どもや家族をこの苦難から守り抜く強さがある、ということを思い出してもらえたら嬉しいです」と続けた。

子どものためのコンテンツとして、本やオンライン通信ゲーム、そしてダウンロードして印刷が可能なアクティビティなどが用意されいる。

動画も視聴可能となっており、過去に放送されたセサミストリートのエピソードや、健康を維持する方法や正しい手の洗い方を紹介するクリップ動画も配信されている。

そしてもちろん、いつものようにエルモが画面越しでバーチャルハグもしてくれる。

(動画)バーチャルでハグをしてくれるエルモ。バーチャル=virtualの発音を練習する姿も可愛い

「世界中で多くの子どもたちの生活が一変してしまいました。親や保護者は子どもや自分自身に、この生活環境で安心を与える方法を求めています」ととセサミワークショップのローズマリー・トルグリオ博士はプレスリリースで説明する。「しかし、親や保護者が前向きにに日常と向き合う方法もあるのです」

手洗いの大切さなどを伝える公共広告動画は、様々な言語に訳される。日本では3月30日より、公式YouTubeチャンネル上で公開され、今後1日置きに4本配信される予定だ。

 1作目は「みんなで一緒にね!」となっており、「自分を守ることは、他の人を守ることに繋がります。だから、みんなで、一緒に!」というメッセージも添えられている。

ハフポストカナダ版の記事を翻訳、編集、加筆しました。